動画編集

動画編集は初心者でも副業で稼げる?稼げるようになるまでの期間は?

動画編集は初心者でも副業で稼げる?稼げるようになるまでの期間は?
タビノ
タビノ
動画編集は初心者でも始めやすく、比較的短期間で収益化することができる副業です。ただし、初期投資が必要になるデメリットもあります。

動画編集を始めるためには「動画編集スペックを満たしたパソコン」と「動画編集ソフト」を購入する必要があります。

とはいえ、動画編集の基礎さえ身に付けることができれば、数ヶ月で初期費用分を回収することができるでしょう。

本ページでは「初心者が副業で動画編集を始める前に知っておくべきこと」について解説します。

もう遅い?動画編集は初心者でも副業で稼げる理由

結論、遅くはありません。

もちろん、「動画編集が稼げるらしいぞ?」という噂が広まった2018~2019年頃と比較すれば、ちょっと稼ぎにくくなっていることは事実。

とはいえ、今から動画編集を始めて全然稼げない…ということはありません。その理由は以下のとおりです。

  1. 動画広告市場が伸びている
  2. 動画編集スキルは意外と誰でも習得できる
  3. パソコンとスキルがあればどこでもいつでも副業できる

つまり、動画編集は今でもおすすめできる(初心者でも稼ぎやすい)副業と言って間違いないでしょう。

1つずつ解説します。

理由①:動画広告市場が伸びている

稼げるか、稼げないか、という視点で考える時に無視できない要素が「市場規模」です。

インターネット広告代理店のサイバーエージェントが実施した市場調査によると、動画広告市場は毎年右肩上がりの成長をとげ、2023年には5,065億円規模になることが予測されています。

つまり、動画広告の市場規模は今後も成長し続けるということ。

そのため、市場規模が大きくなればお金がどんどん流れ込むため、動画編集に携わるお仕事はそれなりの恩恵を受けると考えられますね。

ただし、”ライバルが増えやすい”というデメリットもあります。

タビノ
タビノ
副業で動画編集を始めてる人は増えています。「今さら遅いのでは?」と思われがちですが、市場規模が成長してるので個人で稼ぐ領域が無くなることはありません。

例えば、生け簀(す)を囲む釣り人は増え続けるけど、生け簀(す)の中の魚も増え続けている状況です。

つまり、今から動画編集を始めても遅くはないでしょう。

理由②:動画編集スキルは意外と誰でも習得できる

「動画編集って難しそう…」

「初心者の私ができるわけないよ…」

と思っている人は多いかもしれませんね。でも、それは動画編集という副業を誤解している可能性があります。

動画編集≠映像(映画)制作

つまり、副業で請け負う動画編集のお仕事は、映画のようなハイクオリティーの編集は必要ありません。

タビノ
タビノ
プロの映像クリエーターになって独立を目指すなら別ですが、副業として月5~10万円くらいを稼ぎたいなら、基礎的な編集スキルさえ身に付けてしまえばOKです。

動画編集スクールに通って編集スキルを身に付けるのもありですが、独学でも全然OKです。YouTubeなどで動画編集の基礎的なスキルは十分学ぶことができます。

具体的に身に付けるべきスキルは後ほど詳しく解説しますね。

理由③:パソコンとスキルがあればいつでもどこでも副業できる

動画編集に限らず、副業で重要なことは「時間を作る」ことです。隙間時間を有効に活用することで副業に使える時間を確保することができます。

タビノ
タビノ
仕事に行く前の朝の時間や仕事帰りにスタバによってノートPCを広げる、これだけでも1日の2~3時間を副業時間に使えますよね。“いつでもどこでも副業(仕事)できる環境が作れる”のも動画編集の魅力です。

例えば、メルカリ転売などの副業は在庫管理や梱包作業、さらに発送作業などがあるため、時間と場所を自由に選ぶことができません。さらに在庫リスクもあります。。

ちなみに、ノートPCだけでできる副業は動画編集以外にもあります。Webライターブログ運営もおすすめです。

とはいえ、動画編集は経験ゼロの初心者からでも収益化しやすい副業です。

ただし、動画編集を始めたばかりの頃は、ある程度まとまった時間を確保して、動画編集の基礎スキルを身に付けることをおすすめします。

初心者が動画編集で稼ぐためのスキル

ここでは「1ヶ月あたり5~10万円を動画編集で稼ぐ」ことを想定したスキルについてご紹介します。

つまり、専業(フリーランス)の映像クリエーターを目指すのではなく、副業として毎月5~10万円の副収入を稼ぐことを目標にしましょう。

そのために必要な動画編集スキルは以下の3つ。

  1. カット:動画飲む座な部分を切り落とす
  2. テロップ入れ:字幕を入れる文字起こし
  3. BGM&効果音入れ:著作権フリーの音源を動画に入れる

動画編集で毎月5~10万円稼ぐためには上記の3つを習得すればOKです。

ぶっちゃけ、難易度は低め。パワポが使える人なら問題ないレベルでしょう。

タビノ
タビノ
記3つの動画編集スキルの難易度は“Officeのパワーポイントで資料を作るのと同じくらい”の難易度だと思ってOKです。

Officeのパワーポイントを使った経験がある人ならわかると思いますが、初めて使った時は意味わかんねーって感じですけど、慣れてしまえば簡単ですよね。

動画編集の基礎的な編集スキルもそんな感覚です。

では、もう少し掘り下げて、具体的な編集内容(案件)についてご紹介します。

副業で求められる動画編集内容は2パターン

最近の動画編集案件は主に以下の2つの種類があります。

  1. 1人おしゃべり系
  2. Vlog系

具体例をピックアップしていますので、実際の動画を見てみましょう。

マナブさんの動画

ヴィアンナちゃんの動画

それぞれの特徴をまとめると以下のような感じ↓

✓1人しゃべり系動画の特徴

  • 視聴者が見やすく聞きやすい動画に編集
  • 一本撮りした動画を適宜カットし、語り手に合わせてテロップを挿入
  • 映像ではなく、語り手が放す内容が重視される

✓Vlog系動画の特徴

  • カット割りを多用したテンポ重視の編集
  • 時には奇抜なテロップと効果音を使い、視聴者が飽きない工夫が随所に織り込まれている
  • 映像が切り替わるときのトランジション効果を取り入れる

ちなみに、上の2例のような動画編集案件はクラウドソーシングで単価5,000円前後で募集されています。

タビノ
タビノ
5,000円程度の案件を2時間半くらいで編集できるようになれば時給2,000円ですね!

とはいえ、慣れないうちは時給換算で1,000円を下回る作業効率になることも珍しくありません。ただし、慣れてくるとその分だけ時給がUPするイメージです。

では、これくらいの動画編集ができるようになるまでにどれくらいの期間が必要になるか考えてみましょう。

初心者が動画編集で稼げるようになるまでの期間【体験談あり】

再現性の高い期間を言うと、初心者が動画編集を始めて稼げ津様になるまでの期間は3ヶ月。具体的なスケジュールは以下のとおりです。

  1. 1ヶ月目:動画編集の基礎スキルを習得する
  2. 2ヶ月目:ポートフォリオを作成する
  3. 3ヵ月目:案件を受注する

詳しくは【動画編集の始め方】月10万円の副収入を得るための3ステップ!を参考にしてみてください。

とはいえ、私の場合は運が良かった?こともあり、1か月独学で動画編集を学んだ後にすぐに動画編集のお仕事を受注することができました。

しかも、初めて受注した動画編集案件は10万円!

タビノ
タビノ
私はまったくの初心者の状態から1か月間動画編集を独学した後、Lancers[ランサーズ]1件10万円の案件を受注することができました。

1件10万円の案件を受注した経緯についてはこちらのページにまとめています。

ぶっちゃけ、動画編集の受注実績ゼロの状態で10万円の案件をゲットできたのは運が良かったことは間違いないため、あまり参考にならないかもしれません。

このような経験を踏まえた結果、動画編集で稼げるようになるまでの期間は3ヶ月を目安に考えるのが現実的だと思います。

とはいえ「失敗覚悟で即行動するチャレンジ精神」も大切ですね。とりあえず、基礎編集スキルを習得した後は、ダメ元でガンガン営業してみましょう!

副業で動画編集を始めるために準備するもの

Webライターやブログの場合は、パソコンさえあれば今から始めよう!ということができますが、副業で動画編集をするためには準備が必要です。

動画編集を始める前に準備するのも・やることは以下の3つ。

  1. 動画編集用のパソコンを用意(購入)する
  2. 動画編集ソフトをインストールする
  3. 動画編集案件を受注するクラウドソーシングサイトに登録する

なお、テクニカルな内容については【動画編集の始め方】月10万円の副収入を得るための3ステップ!を参考にしていただければ幸いです。

1つずつ解説します。

準備①:動画編集用のパソコンを用意(購入)する

動画編集は初心者からでも稼ぎやすい副業としておすすめですが、初期費用がかかるというデメリットがあります。

 

例えば、動画編集するための最低限のスペックを満たすパソコンを用意する場合、15~20万円は必要になります(Windowsの場合)。

動画編集に最低限必要なスペック

  • CPU:Corei7以上
  • メモリ:16GB以上

「上記のスペックが必要な理由」と「動画編集するためのパソコンの選び方」については失敗しない動画編集用パソコンの選び方(ノートPC編)で解説していますので、そちらを参考にしてみてください。

ちなみに、店頭で販売されているパソコンの多くは「CPU:core i5」+「メモリ:8GB」ですのでスペック不足です。。

動画編集用のパソコンを購入するためには、上記のスペックにカスタムするか、カスタムされたモデルを購入する必要があります。
※実店舗で売られているパソコンをそのまま購入したら失敗します。

準備②:動画編集ソフトをパソコンにインストールする

副業で動画編集をお仕事を受注する場合は、Adobe Premiere Pro[プレミアプロ]をパソコンにインストールしておくことを“強く”おすすめします。

その理由は、お仕事を受注する時に「プレミアプロで編集してください」という指示をするクライアント(依頼者)が多いためです。

ただし、プレミアプロは1年契約のサブスクで販売されている“有料”の動画編集ソフトで、月額2,728円のコストが発生します。

タビノ
タビノ
動画編集を始める場合、パソコン購入費+動画編集ソフトの費用を合わせると、初年度は18~23万円の初期費用が発生します。

動画編集は副業の中での最も初期費用がかかる副業です。しかし、動画編集は初心者から始めても収益化しやすい副業でもあります。

ちなみに、おすすめはしませんが、受注率は落ちる(応募できるお仕事が減る)可能性はあるものの「まずは“無料”の動画編集ソフトを使う」という選択もありです。

以下のページに動画編集ソフト(無料7選、有料3選)をピックアップして紹介しておりますので参考にしてみてください。

≫ 動画編集ソフトを無料で使いたい人向け※ただし、副業で動画編集するなら○○一択!

準備③:動画編集案件を受注するクラウドソーシングサイトに登録する

動画編集のお仕事はクラウドソーシングサイトを通して受注することができます。

クラウドソーシングサイトとは?

クラウドソーシングサイトとは、お仕事を依頼したい人(クライアント)とお仕事を受注したい人を繋ぐマッチングサイトです。登録は無料で18歳以上の人なら誰でも利用可能です。

タビノ
タビノ
動画編集に限らず、在宅で副業する人向けの案件(求人)がクラウドソーシングサイトに集まっているため、個人でも比較的簡単にお仕事を受注することができます。

つまり、クラウドソーシングサイトを利用することで営業などしなくても自分に合った、もしくは自分ができそうなお仕事を探すことができます。

クラウドソーシングサイトはたくさんあると思いますが、以下の4つのサイトが有名です。

上記のサイトには動画編集だけでなく、在宅ワーク可能なWwbライターなどの案件もたくさん募集されています。

では、実際にどのような動画編集のお仕事が募集されているのか見てみましょう。

今回は私が始めて動画編集のお仕事を受注したLancers[ランサーズ]の中から募集中の動画編集案件を探してみます。

ランサーズの公式サイトを開き、

仕事を探す
 ➥写真・動画・ナレーション
  ➥動画・写真・画像

の順番で検索条件を絞ってみると、動画編集案件がゴロゴロでてくるはずです。

適当に1つ案件をピックアップしてみました↓

上記案件の仕事内容は以下の通り。

動画編集のお仕事内容

  • サムネイル作成
    ➥検索するとわかりやすいですが、動画の表紙みないなものです
  • テロップ(フルテロップ)
    ➥語り言葉すべてに字幕をつけること
  • BGM
  • 効果音
  • イメージ画像挿入
  • カット

パっと見た感じだと、1人しゃべり系動画で先ほど例のマナブさんの動画っぽい感じで編集すればOKのようです。

これで、1動画あたり報酬5,000円です。

さらにこの案件では、月10~15本の編集を依頼したいとのことですので、月10本だけでも報酬5万円となります。

タビノ
タビノ
このような案件は日々更新されるので、毎日更新される募集案件をチェックしておきましょう。いろんな案件を見ることで動画編集の内容(求められるスキル)相場感をつかむことができます。

ちなみに、Vlog系の動画編集案件はビジネス系に比べて案件数は少なくなりますが、1動画あたり1万円以上の報酬単価で募集されていることも珍しくありません。

実際に募集されている案件をチェックすることで、おおまかなイメージはつかめると思いますので、とりあえず、クラウドソーシングサイトで市場調査をしながら動画編集を学んでいくことから始めましょう。

「初心者歓迎」と書かれた案件には注意してください!報酬価格が低く、実質タダ働きさせらる可能性もあるので要注意です。

動画編集は独学でもOK?初心者でも大丈夫?

結論、動画編集は独学のみでOKです。

YouTubeなどで動画編集の教材を無料で見ることができるため、独学でも動画編集スキルを身に着けることができます

タビノ
タビノ
私は独学で動画編集を学びました。お世話になった教材はYouTubeとAdobe(アドビ)のチュートリアル動画のみです。

とはいえ、ある程度はパソコンに慣れていなければ、全くの初心者が独学で動画編集を学ぶことは難しいかもしれません。

タビコ
タビコ
ある程度ってどれくらい?プログラミンとかできないレベルでも大丈夫なの?

以下に当てはまる人は、独学でも動画編集スキルを身に付けることができると思います。

  • パワーポイントでプレゼン資料が作れる
  • 自分でネット上に転がっているフリーソフトをインストールして利用することができる
  • 1人でも頑張れる

もし、「パワーポイント使えない…」という人は独学で動画編集を始めるのはちょっと難しいかもしれません。。

また、動画編集するためには動画編集ソフトをパソコンにインストールして使えるようにしなければいけないため、動画編集ソフトのインストール方法やソフトの使い方を自分で調べながら習得する必要があります。

タビノ
タビノ
このような話を聞いて「ちょっと無理かも…」と思う人は、独学ではなくオンラインスクールを利用する方法もあります。独学よりも動画編集できるようになるまでの時間的コストは大幅に削減できます。

ただし、動画編集のオンラインスクールは安くはありません。。

以下はプログラミングスクールで有名なTechAcademy[テックアカデミー]の運営する動画編集スクールです。

受講料:4週間コースで『174,900円』

ちょっと高すぎます。。

しかし、TechAcademy[テックアカデミー]の運営する動画編集スクールは、Adobe社のサポートを受けており、Adobe CCを3カ月分無償提供してもらうことができます。

Adobe CCとは?

Adobe CC(= Adobe Creative Cloud)は、Adobe社が提供する映像編集アプリケーションの“コンプリート版”です。

つまり、動画編集に利用されるPremeire ProやAfter Effectだけでなく、Photoshoや Illustratorを含む、すべての映像編集アプリケーションが使えるライセンスです。

➥Adobe CCのライセンス使用料:39,980円
※詳細はAdobe公式サイトをご参照ください。

もし、動画編集ソフトをインストールしていない人にとっては、実質39,980円OFFで動画編集スクールを受講することができます。

受講料174,900円 → 実質134,920円
※Adobe CCのライセンス料を考慮した場合

それでも10万円以上の受講料は安くはありませんね。。

とはいえ、動画編集スキルが身に付けば、月10万円の副収入を得ることも難しくないため、受講後の1~2ヶ月で元を回収することも可能です。

タビノ
タビノ
私は動画編集を1ヵ月独学した翌月にランサーズで1件10万円案件を獲得することができました。初心者でもクラウドソーシングを使えば動画編集者として稼ぐことはできます。

ランサーズで1件10万円の案件を受注した経緯についてはこちらのページをご参照ください。

まずは、YouTubeを見ながら独学で動画編集を始めてみてください。

そのまま独学で続けられそうならOK。どうしても独学では続かない…という場合は「オンラインスクールを利用す手段もある」ということは覚えておくと良いでしょう。

まとめ:動画編集は初心者におすすめの副業

動画編集は初心者でも始めやすく、比較的短期間で収益化することができる副業です。

ただし、デメリットは初期投資が必要なこと。

タビノ
タビノ
動画編集を始めるためには動画編集スペックを満たしたパソコンと動画編集ソフトを購入する必要があります。

パソコン:15~20万円
動画編集ソフト:約3万円/年

ただし、動画編集の基礎さえ身に付けることができれば、数ヶ月で初期費用分を回収することができるはずです。

なお、「初心者でも大丈夫?」「今から始めても遅くない?」という不安があると思いますが、心配する必要はありません。

以下の理由から、動画編集は今でもおすすめできる(初心者でも稼ぎやすい)副業といえるでしょう。

  1. 動画広告市場が伸びている
  2. 動画編集スキルは意外と誰でも習得できる
  3. パソコンとスキルがあればどこでもいつでも副業できる

もし、今日から始めるなら3ヵ月後にはクラウドソーシングサイトで動画編集のお仕事を受注できるようになっているはずです。

早速、始めてみましょう!

これから動画編集始める人向け
【【動画編集の始め方】月10万円の副収入を得るための3ステップ!※未経験者向け
動画編集で副業を始める3ステップ!未経験から月10万円の副収入を目指そう! 「動画編集が副業で人気らしい」という話を聞いたことはあるけど、具体的に何をすればいいかわからない...と思っていませんか? ...

※3ヵ月後の収益化を目標にしましょう。