動画で稼ぐ

【動画編集で副業を始める】未経験&初心者からでも動画編集で月10万円を稼げます

【動画編集で副業を始める】未経験&初心者からでも動画編集で月10万円を稼げます
  1. 未経験でも動画編集で稼げる?
  2. 動画編集で稼ぐための具体的なレベルってどれくらい?
  3. ひと月で稼げる金額はどれくらい?
数ある副業の中でも、特におすすめなのが動画編集です。編集スキルさえ身に付ければ、クラウドソーシングを利用して仕事を受注できるため、未経験でも始めやすい副業です。

副業を始めてみたけど、稼げなければ意味がありません。

例えば、ブログを始めて稼げるようなるまでには1年以上は継続する必要があるし、1年続けて5万円くらい稼げるようになれば超優秀です。
※私はブログ1年続けて2~3万円に到達しました。

また、物販始めてみたけど在庫を抱えてしまえば収支トントンで全然稼げてない!ってことも。。

しかし、動画編集の場合は、編集スキルさえ身に付けてしまえば、仕事を受注できるサイト(クラウドソーシング)はたくさんあるため、稼ぎやすい副業といえます。

以下が動画編集のお仕事を受注できるサイトです。

📝動画編集の仕事を受注する方法

以下のクラウドソーシングサイトに登録しておけば、とりあえずOKです。

Lancers[ランサーズ]
Crowdworks[クラウドワークス]
coconala[ココナラ]

※登録は無料です。

どのような動画案件があるかチェックしておくことで、動画編集を仕事にする具体的なイメージを持つことができます。

さらに、自分で動画編集ができれば、YouTubeデビューしちゃってもOKだし、Vlogも作れるようになります。

つまり、動画編集スキルさえ身に付ければ、編集作業で稼ぐだけでなく、自分で情報発信もできるようになるため、学んでおいて損はありません。

そうは言っても、動画編集したことない初心者にはやっぱり難しいよ。
そんなことありません。私はまったくの未経験の状態から約1ヶ月間、動画編集を独学した後、Lancers[ランサーズ]1件10万円の案件を受注することができました。

≫ 未経験でも動画編集で月10万円は達成できます。
※とりあえず始めてみると意外にイケちゃいます(笑)

ぶっちゃけ、動画編集の受注実績ゼロの状態で10万円の案件をゲットできたのは運が良かったと思います。

とはいえ、「失敗覚悟で即行動するチャレンジ精神」が結果を呼び寄せることは事実!

本記事では、経験者だからこそ伝えたい「動画編集で稼ぐ方法」についてお話したいと思います。

動画編集を副業にして稼ぐ方法

多くの人は、やったことがないことに対して「自分には無理」と思い込みがちですが、実際やってみると「意外とできちゃった」ということも珍しくありません。

未経験で動画編集は無理でしょ…
動画編集って難しそう…
素人には無理だよ…

もしかして、「動画編集」=「映画製作」と誤解していませんか?

そんなクオリティーが高い作品が作れたら副業とかじゃなくて、ハリウッド目指しちゃえますからね。

プロの映像クリエーターを目指すなら別ですが、副業として動画編集をするなら、そこまでのクオリティーはまったく必要ありません。

「副業で稼ぐ」という目的において必要となる動画編集スキルは以下の3つがあればOKです。

📝動画編集に必要なスキル

  1. カット : 動画の無駄なところを切り落とす作業。
  2. テロップ入れ:字幕付き映画のように言葉を文字にする作業。
  3. BGM & 効果音:著作権フリーの音源を動画に当てはめる作業。

ぶっちゃけ、これらはかなり難易度が低いです。

どれくらい難易度が低いかっていうと、Officeのパワーポイントで資料が作れるのと同じくらいの難易度だと思ってもらってもOK。

経験がないからわからないだけで、実際にやってみると「意外とできちゃった」って感覚になること間違いありません。

では、もう少し掘り下げて、具体的な編集内容についてご紹介します。

≫【知らないと損】動画編集始めるならAdobeマスター講座がお得!
※動画編集ソフトの購入は↑を見てからお願いします。

副業で求められる動画編集案件は2パターンある

最近の動画編集案件の需要は「1人しゃべり系」もしくは「Vlog系」の2パターンが多いです。

百聞は一見に如かずですので、実際に動画を見てみましょう。

マナブさんの動画

ヴィアンナちゃんの動画

それぞれの特徴をまとめると以下のような感じ↓

1人しゃべり系動画の特徴

  • 視聴者が見やすく聞きやすい動画に編集。
  • 一本撮りした動画を適宜カットし、語り手に合わせてテロップを挿入。
  • 映像ではなく、語り手が放す内容が重視される。

Vlog系動画の特徴

  • カット割りを多用したテンポ重視の編集。
  • 時には奇抜なテロップと効果音を使い、視聴者が飽きない工夫が随所に織り込まれている。
  • 映像が切り替わるときのトランジション効果を取り入れる。

ちなみに、上の2例のような動画編集案件はクラウドソーシングで単価5,000円前後で募集されています。

5,000円の案件だと、2時間半くらいで編集できるようになれば時給2,000円で在宅ワークできるということですね。

実際のところ、慣れないうちは時給換算で1,000円を下回る作業効率になってしまうと思いますが、慣れてしまえばその分だけ時給がUPするイメージです。

動画編集のお仕事はクラウドソーシングで受注する!副業するなら登録必須です

動画編集で稼ぐための必要スキルは何となくわかったと思います。

ここからは「具体的にどうやって仕事がもらえるの?」という疑問に答えていきますね。

繰り返しになりますが、クラウドソーシングサイトを利用すればOKです。

Lancers[ランサーズ]
Crowdworks[クラウドワークス]
coconala[ココナラ]

上記3つのクラウドソーシングサイトだけチェックしておけば、とりあえずOKです。

とはいえ、百聞は一見に如かずですね!

試しに、具体的な動画編集案件をLancers[ランサーズ]で探してみましょう。

以下のリンクからランサーズの公式サイトを開いてみましょう。

≫ Lancers[ランサーズ]の公式サイトを開く

そして、

仕事を探す
 ↳ 写真・動画・ナレーション
  ↳ 動画・写真・画像

の順番でページを開くと、動画編集案件がゴロゴロでてくるはずです。

適当に1つ案件をピックアップしてみました↓

上記案件の仕事内容は以下の通り。

  • サムネイル作成
    → 検索するとわかりやすいですが、動画の表紙みないなものです。
  • テロップ(フルテロップ)
    → 語り言葉すべてに字幕をつけること
  • BGM
  • 効果音
  • イメージ画像挿入
  • カット

ぱっと見た感じだと、1人しゃべり系動画で先ほど例にあげたマナブさんの動画っぽい感じで編集すればOKのようです。

これで、1動画あたり報酬5,000円です。

さらにこの案件では、月10~15本の編集を依頼したいとのことですので、月10本だけでも報酬5万円となります。

こうしたお仕事の案件は日々更新されますので、こまめに募集案件をチェックしていれば動画編集の内容や相場感をつかむことができます。

ちなみに、Vlog系の動画編集案件はビジネス系に比べて案件数は少なくなりますが、相場的には1動画あたり1万円以上の報酬単価で募集されていることも珍しくありません。

実際に募集されている案件をチェックすることで、おおまかなイメージはつかめると思いますので、とりあえず、クラウドソーシングサイトで市場調査をしながら動画編集を学んでいくことから始めましょう。

「初心者歓迎」と書かれた案件には注意してください!報酬価格が低く、実質タダ働きさせらる可能性もあります。

動画編集は独学でもOK!?

YouTubeなどで動画編集の教材を無料で見ることができるため、ある程度のパソコンスキルと情報収集能力があれば、独学で身に着けることも全然可能です。

私は独学で動画編集を学びました。お世話になった教材はYouTubeとAdobeのチュートリアル動画のみです。

とはいえ、ある程度はパソコンに慣れていなければ、全くの初心者が独学で動画編集を学ぶことは難しいかもしれません。

ある程度ってどれくらい?プログラミンとかできないレベルでも大丈夫なの?

以下、参考までに。

独学で動画編集を学ぶことができる人

  1. パワーポイントでプレゼン資料が作れる。
  2. 自分でネット上に転がっているフリーソフトをインストールして利用することができる。

もし、「パワーポイント使えない…」という方は独学で動画編集を始めるのはちょっと難しいかも。

また、動画編集するためには、動画編集ソフトをパソコンにインストールして使えるようにしなければいけません。

独学するためには、動画編集ソフトのインストール方法や、ソフトの使い方を自分で調べながら習得する必要があります。

このような話を聞いて「ちょっと無理かも…」と思う人は、独学ではなくオンラインスクールを利用することをおススメします。その方が、動画編集できるようになるまでの時間的コストが大幅に削減できるはずです。

とはいえ、動画編集のオンラインスクールは安くはありません。。

以下はプログラミングスクールで有名なTechAcademy[テックアカデミー]の運営する動画編集スクールです。

受講料:4週間コースで『174,900円』

ちょっと高すぎます。。

しかし、TechAcademy[テックアカデミー]の運営する動画編集スクールは、Adobe社のサポートを受けており、Adobe CCを3カ月分無償提供してもらうことができます。

📝Adobe CCとは?

Adobe CC(= Adobe Creative Cloud)は、Adobe社が提供する映像編集アプリケーションの“コンプリート版”です。

つまり、動画編集に利用されるPremeire ProやAfter Effectだけでなく、Photoshoや Illustratorを含む、すべての映像編集アプリケーションが使えるライセンスです。

➪ Adobe CCのライセンス使用料:39,980円
※詳細はAdobe公式サイトをご参照ください。

もし、動画編集ソフトをインストールしていない人にとっては、実質39,980円OFFで動画編集スクールを受講することができます。

受講料174,900円 → 実質134,920円
※Adobe CCのライセンス料を考慮した場合

それでも10万円以上の受講料は安くはありません。。

とはいえ、動画編集スキルが身に付けば、月10万円の副収入を得ることも難しくないため、2ヵ月で受講料分を回収することができます。

私は1ヶ月独学して月10万円を達成することができました。
≫ 堀江氏「手取り14万?お前が終わってんだよ」を検証してみた

そのため、まずはYouTubeで独学してみるのがいいかも。

もし、独学で続けられそうなら、そのままでOK。

どうしても独学では続かない場合は、オンラインスクールを利用することも考えてみてください。

≫ TechAcademyの動画編集スクールの詳細を見てみる

まとめ:動画編集は副業におすすめ

副業と言われて思いつくものって何ですか?

ブログ
せどり・物販
Webライター
Web製作
イラストレーター
LINEスタンプ
UberEats
動画編集

などなど。

これらの数ある副業の中でも、動画編集は未経験から始める副業として特におすすめです。

編集スキルさえ身に付ければ、クラウドソーシングを利用して仕事を受注できるため、未経験でも始めやすい副業です。

1~2ヵ月くらい動画編集を学ぶことで、月10万円の副収入を得ることも可能です。

「動画編集で稼ぐ」という目的ではなくても、自分で撮影した写真や動画を編集してオリジナル作品にできると嬉しいですよね。

もし副業に興味を持っているなら、今すぐにでも始めてみることをおすすめします。

動画編集始める前に要チェック!
【知らないと損】動画編集始めるならAdobeマスター講座がお得!
【知らないと損】動画編集始めるならAdobeマスター講座がお得! 動画編集ソフトって何がいいの? AdobeのPremiere Proがお得に利用できるってホント? お得なだけ?...

※プレミアプロの単品購入はちょっと待って。