動画で稼ぐ

【悲報】動画編集は基本編集だけでは稼げない…差別化が必須!

【悲報】動画編集は基本編集だけでは稼げない...差別化が必須!
この記事で解決するお悩み
  • 副業で動画編集始めたけど稼げません…。
  • クラウドソーシングでまったく案件受注できませんけど…。
  • やっぱり初心者が動画編集で稼ぐのは無理なのでしょうか…。
タビノ
タビノ
動画編集で稼げない原因は“過度な期待”かもしれません。動画編集は今でも稼ぎやすい副業だと思います。しかし、だからといって楽して稼げるわけではありません。

「動画編集を始めたけれど稼げない…」という人は、収益化を焦り過ぎている可能性があります。

もし、動画編集を始めて3ヵ月未満で「稼げない…」と悩んでいる人は、以下のページを参考にしていてください。
≫ 動画編集で月10万円を稼ぐ3ステップを解説※初月で稼ぐのは無理!
※3ヵ月目で月10万円を目指す方法を解説しています。

タビコ
タビコ
稼げない原因が経験やスキルの問題なら頑張るしかないけどさ、そもそも動画編集はオワコンだから稼げなくなってるんじゃないの?

オワコン論はどの分野でも“稼げない原因”として持ち上げられますが、改善すべき課題が残っているうちは、ひとまずオワコン論は置いときましょう。

とはいえ、1年前(2019~2020年)に比べると“初心者が動画編集を始めても稼ぎにくくなってきている”ことは事実だと思います。つまり、案件を受注できなくなっているってことですね。

でも、稼げなくなったわけではありません。結論を言うと、差別化するための+○○を売りにすることでまだまだ稼げます。

本ページでは「初心者が動画編集で稼ぎにくくなっている理由」「初心者でも動画編集で稼げるようになる方法」でについて解説します。

動画編集は基本編集スキルだけでは稼げない※案件受注は難しい

個人が副業で始める動画編集のお仕事は、クラウドソーシングでユーチューバーや企業のYouTube動画の編集案件を受注することで収益化できます。
※実績ゼロの初心者がクラウドソーシング以外からお仕事を受注するの現実的に無理です。

つまり、基本的にはYouTube動画編集に必要な基本編集スキル「カット」「テロップ」「BGM(効果音)」ができれば、動画編集で稼ぐことは可能です。ただし、これは過去の話になりつつあります。

その理由は以下の3つ。

基本編集だけでは稼げない理由
  1. 「動画編集は簡単」ということがバレてしまった。
  2. 基本編集だけの案件が少なくなっている。
  3. 基本編集のみのスキルでは実績が作りにくい。

2020年までは、基本編集だけでも動画編集で稼ぐことができました。しかし、2021年以降は、基本編集スキルだけでは個人で案件受注するのは難しくなっています。

1つずつ解説します。

1.動画編集は簡単ということがバレてしまった

YouTube動画のような動画編集なら、初心者でも2週間ほど独学すれば十分編集可能です。つまり、動画編集ってやってみると意外にできちゃうもんなんですよね。

例えば、以下の動画をご覧ください。

これは独学で動画編集を始めて1ヵ月くらいの頃に作った動画です。自分で言うのもなんですが、動画編集歴1ヵ月にしてはよくできていると思いませんか?(笑)

私にように「動画編集って簡単にできるじゃん」と思って副業で動画編集を始めた人も多いはずです。

その結果、動画編集人材が供給過多となり、クラウドソーシングで案件を受注する倍率が高くなって稼ぎにくくなったのは事実でしょう。

さらに、発注者側としては「外注するよりも自分(自社)で編集した方がコスパが良い」という流れになり、クラウドソーシングに流れてくる案件が少なくなったのではないかという印象もあります。

つまり、「動画編集人材が増えたにもかかわらず、募集される案件数は少なくなった」というのが2021年以降の現状でしょう。

2.基本編集だけの案件が少なくなっている

「動画編集って意外と簡単にできるじゃん」ってことに気付いたのは、副業を始める個人だけではありません。

動画編集を外注していた企業やYouTuberも「外注するよりも自分(自社)で編集した方がコスパが良い」ということに気付いてしまいました。

タビコ
タビコ
誰でもできちゃう編集なら外注するよりも、社員にちょっと勉強してもらった方がコスパが良いのは当然ね。やっぱ、個人が動画編集で稼ぐって厳しいじゃん。

個人が動画編集で稼ぐこと自体が厳しくなっているのは否定できません。

実際、私が動画編集を始めた頃に比べて、クラウドソーシングサイトに流れてくる簡単な画編集案件の数は圧倒的に少なくなってきている印象があります。

つまり、基本編集スキルだけでは稼げなくなりつつあるのは間違いありません。

3.基本編集のみのスキルでは実績が作りにくい

クラウドソーシングで稼ぐためには案件を受注しなければいけません。案件を受注できるかどうかは、実績の有無が大きく影響します。

実績ゼロで案件を受注するのは難しい…。

タビノ
タビノ
例えば、メルカリで販売実績ゼロもしくは評価ゼロの人が出品している商品を買うのって怖くないですか?クラウドソーシングサイトも同じなんです。実績ゼロのうちはなかなか受注できません。

dとはいえ、はじめは誰でも実績ゼロです。だからこそ、実績ゼロの始めたての時期が一番苦しいんです。

ちなみに、2021年以降も「動画編集は稼げます」と言う人は、すでにクラウドソーシングサイト内ので評価・実績が付いている人たちです。

実績がある人にはより多くの案件が流れ、実績がない人との差はどんどん広がっていくという現実があるため、これから動画編集を始める人は苦戦を強いられる可能性が高いです。

でも、大丈夫。

タビノ
タビノ
“ポートフォリオ”を作ることで、実績ゼロのハンディキャップを乗り越えることができます!

詳しくは、以下のステップ2をご参照ください。

動画編集で月10万円稼ぐための3ステップ!
【動画編集の始め方】月10万円を稼ぐ3ステップ※稼げないを卒業しよう!
【動画編集の始め方】月10万円を稼ぐ3ステップ※稼げないを卒業しよう! 「動画編集が副業で人気らしい」という情報を聞いたけど、具体的に何をすればいいかわからない人は多いかもしれませんね。でも大丈夫。 ...

※収益化までの導線を考えることが大切です。

動画編集で稼ぐための差別化戦略!+○○があれば無敵かも!?

「動画編集は意外と簡単」ということが動画編集をおすすめする理由でもあり、動画編集で稼ぎにくくなってきている原因でもあります。

でも、諦めることなかれ!

動画編集に+○○を身に付けよう!

タビノ
タビノ
簡単なYouTube動画であれば誰でも作ることができるため、動画編集で稼ぐためには基本編集スキル以上のものを身に付け、差別化する必要があります。

これから動画編集で稼ぐための1つのアイディアとして「動画編集+○○」を提供できる編集者を目指すことをおすすめします。

具体的には、以下の様なイメージ。

動画編集で稼ぐための差別化戦略!
  1. 動画編集+ナレーション
  2. 動画編集+料理
  3. 動画編集+Vlog
  4. 動画編集+レビュー
  5. 動画編集+アニメーション

つまり、「自分ができることは誰でもできる基本編集だけじゃないぞ!」という付加価値を提供することがポイントになるます。

1つずつ解説します。

1.動画編集+ナレーション

特に女性の動画編集者におすすめです。

例えば、Lancers[ランサーズ]には動画編集とは別に「ナレーション」の募集案件があることをご存知でしょうか?

台本を読むナレーションや実況中継のナレーションなどのお仕事が募集されていますが、どれも基本的には動画にいれるための音声です。

上記の通り、ナレーションの需要はすでにあるので、動画編集スキルと一緒に売り出すことで付加価値が産まれます。

参考までに、素敵なVlog動画をご紹介します。

 

海外旅行のVlogが素敵なHaruさんの動画です。Haruさんは動画編集も自分でされているようですが、後撮りのナレーションがめっちゃ素敵です。

「動画編集+ナレーション」は今後需要が伸びると思います。

2.動画編集+料理

以下は私が実績ゼロにもかかわらず受注することができた動画編集案件です。

具体的なお仕事内容は、指定された食材を使った調理風景を撮影し、5分程度の動画に編集するというものでした。

つまり、料理ができることが採用の条件だった案件です。

料理ができる動画編集者は需要が高い?

タビノ
タビノ
案件数としては多くはないですが、料理ができるからこそ応募できる案件もありますよ。また、このような案件は単発ではなく継続案件に繋がりやすい傾向があります。

私が受注した例だと、以下の様なものもありました。

このように料理関係の案件なら絶対ゲットする!という気持ちで、料理動画に特化した動画編集者になるのも一つの戦略です。

「動画編集+料理」はおすすめです。

3.動画編集+Vlog

Vlog系は需要が大きいですよね。例えば、coconala[ココナラ]で「Vlog」と検索をすると、以下のような動画編集案件が募集されていたことが確認できます。

具体的なお仕事内容を1つピックアップしてみると、以下のような感じです。

ここで、注目すべきは最後の「提案の際のお願い」です。

提案される際は過去のポートフォリオをご提示ください。vlog系だとイメージしやすいです。

つまり、動画編集の中でも「Vlog系の編集実績がある人を求めている」ってことです。

Vlogに特化したポートフォリオを作ろう!

タビノ
タビノ
Vlog系の動画なら自分の日常を素材にしてポートフォリオをつくりやすいです。その上でVlog系動画編集に特化すれば、受注率はアップするはずです。

さらに、Vlogは継続案件を受注しやすい分野でもあるので「動画編集+Vlog」で差別化していくことで受注できる案件数は多くなると思います。

コロナ終息後は海外旅行需要が急増することが予想されるため、海外旅行のVlog案件は増えることが期待できます!

4.動画編集+レビュー

これはアマゾン・楽天アフィリで稼ぐというニュアンスになりますが、動画編集で稼ぐことには変わらない戦略です。

以下の動画例をチェックしてみましょう。

 

コーヒーメーカーのレビュー動画になります。このようなレビュー動画を作ってポートフォリオにするだけでなく、YouTubeでのアマゾン・楽天アフィリエイトによる収益化も図れます。

つまり、一石二鳥です。

タビコ
タビコ
でもさ、レビューする商品を購入する必要あるよね?めっちゃお金かかるじゃん。
タビノ
タビノ
メルカリを利用しましょう!例えばAmazonで売れ筋の良い珈琲メーカーを探してメルカリで中古品を購入し、動画レビューした後はすぐにメルカリで販売すれば必要経費を最小限に抑えることができます。

もし、メルカリでの購入価格と同額で売れたとしても、販売手数料+送料が発生するため、費用ゼロでできるわけではありません。

例)3,000円で購入した商品を同額で販売した場合

  • 販売手数料(10%):300円
  • 送料:メルカリ便(60サイズ,2kg以下)で700円

➪最低でも1,000円の費用が発生!

1動画につき1,000円の費用は安くありませんね。

でも、取り扱う商品がコーヒーマシンの場合なら「珈琲を飲める」という付加価値を味わうことができ、さらにアマゾン・楽天アフィリエイトで収益化することもできます。

つまり、レビュー動画は動画編集実績を提示するポートフォリオとしての役割だけでなく、それ自身が収益化することで副収入を得る導線が出来上がります。

動画編集できるなら、このような戦略を実施しない理由はないと思いますよ。

≫ メルカリで商品を探してみる

5.動画編集+アニメーション

最近、アニメーション動画の広告やPVが多いと思いませんか?つまり、アニメーション動画の需要が高まってきている証拠です。

例えば以下の様な動画。

 

このようなアニメーション動画はVYOND[ビヨンド]のようなアニメーション動画作成ソフトを使って作ることができます。

実際、クラウドソーシングサイトでもVYONDを使った動画編集案件はたくさん募集されています。しかし、VYOND[ビヨンド]の月額料金は最低でも49ドル~159ドルと非常に高額です。

月額料金テンプレート数ロゴ
Essential Plan49ドル
(5,390円)
2種類あり
Premium Plan89ドル
(9,790円)
3種類なし
Professional Plan159ドル
(17,490円)
4種類なし

※括弧()内は1ドル=110円と仮定した場合の料金です。

案件として受注するなら納品動画にロゴが入っているとマズいので、最低でもPremium Planを利用しなければいけないので、月額1万円近くの経費が発生します。

Adobeのマスター講座ならプレミアプロやイラストレーター、フォトショップなどの全11種類の編集ソフトと3ヶ月の無料動画講座付きで月額3,331円(税込)で利用できるので、VYOND[ビヨンド]はかなり高額なソフトです。

とはいえ、必ずしもVYOND[ビヨンド]を使う必要もありません。例えば、以下のような可愛いキャラクターが動いている程度ならできそうだと思いませんか?

 

上の動画でも解説されているように、iPadやタブレットPCを使って自作のアニメキャラクターを動かすアニメーションが簡単に作れます。

こういう動画素材を作ることができれば、お仕事の幅が広がりますね!このようなことができる様になれば、動画編集を仕事にする上でも武器になることは間違いありません。

「カット」「テロップ」「BGM(効果音)」の基本編集はできるようになっているなら、このような新しい技を習得することをおススメします。

と言いつつ、私も勉強中です。(笑)

「動画編集+アニメーション」ができれば、クリエーターと名乗っても怒られませんよね。(笑)

まとめ:これからは「動画編集+○○」で稼ごう!

動画編集はちょっと独学すれば誰でもできるようになります。しかし、誰でもできるということは、稼げなくなるということでもありますよね。

2021年以降、初心者が動画編集で稼ぐためには基本の動画編集+○○でスキルを差別化していくことは必須だと思います。

例えば、以下の5種類の戦略を本ページではご紹介しました。

動画編集で稼ぐための差別化戦略!
  1. 動画編集+ナレーション
  2. 動画編集+料理
  3. 動画編集+Vlog
  4. 動画編集+レビュー
  5. 動画編集+アニメーション

これらを実践すれば必ず稼げる!という訳ではありませんが、現状で動画編集を「始めたけど稼げていない…」という人は、自分のスキルに付加価値を付ける必要があると思います。

付加価値があれば実績ゼロでも受注できる!

タビノ
タビノ
私が初めて受注した動画編集案件は「料理撮影+編集」のお仕事でした。これで未経験ながらも月10万円を稼ぐことができました。

実績ゼロで報酬単価10万円の案件を受注できたのは運が良かっただけかもしれませんが、料理ができたことが案件獲得のきっかけになったことは間違いありません。

ちなみに、私が動画編集を始めたきっかけは、ホリエモンの炎上でした。
≫【ホリエモンありがとう】動画編集歴1ヶ月の素人でも月10万円稼げた体験談

副業で動画編集を始める人は増えています。そのため、編集者人材過多となり初心者が稼げにくくなっていることは間違いありません。

だからこそ、「Vlogなら任せてください!」とか「アニメーションでワンポイント追加できます!」みたいな初心者ながらも自分の“強み”をアピールできる編集者を目指しましょう。

私も絶賛勉強中です!