動画で稼ぐ

【HP spectre x360 13】ノートPCで4K動画をサクサク動画編集する方法

【HP spectre x360 13】ノートPCで4K動画をサクサク動画編集する方法
  1. 【HP spectre x360 13】ってどんな感じ?
  2. 4K動画ってノートPCでも編集できる?
4Kで撮影された動画はファイルサイズが大きくなるため、超高性能PCでなければ編集が大変です。でも、ある“裏技”を使えばノートPCでも4K動画をサクサク編集することができます。

最近はスマホでも4Kの動画モードが当たり前になっているため、「動画編集するなら4Kに対応するハイスペックのPCが必要になるのかな」と思っている人も多いはず。

本記事では、「4K動画ってノートPCでも編集できるの?」という疑問にお答えします。

結論から言うと「プロキシを作成」することで4K動画をサクサク編集することができます。

「プロキシってなに!?」って思った人でも大丈夫。まったく難しいことはありませんので。
※プロキシについても詳しく解説しています。

なお、今回ご紹介する方法は【HP spectre x360 13】を使用しています。

【HP spectre x360 13】は高性能かつコンパクトで、長時間バッテリーを搭載しているため、モバイルPCとしても、動画編集用PCとしてもおすすめです。

余談ですが、PCは楽天で購入するとお得です。

楽天カードを使うことで、3%のポイント還元を受けることができるため、価格167,500円のPCを購入する場合、5,025円分のポイントが戻ってきます。

さらに、楽天カードの新規入会特典で5,000円のキャッシュバックがあるため、まだ楽天カードを持っていない方は合計10,000円以上もお得にPCが購入できます。

≫楽天で【HP spectre x360 13】を見る

※同スペックモデルの公式サイトでの販売価格は169,400円でした(2021/04時点)。

【HP spectre x360 13】で動画編集してみた感想

超ハイスペックPCであれば「4Kの動画編集できるかな?」なんて心配する必要はありませんが、そんなPCを購入して動画編集を始める人はいませんよね。

実際、予算も限られているしパソコン選びにはいくつもの条件の中で、”折り合い”をつけないといけません。

そんな中で私が【HP spectre x360 13】を選んだ理由は以下の条件を満たすPCだったからです。

重さ:1kg前後
予算15万円
OS:windows
長時間バッテリー
動画編集可能なスペック
  → corei7以上、16GB以上

私の場合、購入時点では4K動画の編集をする予定はありませんでした。

スマホやPCで映像を見るくらいならフルHDと4Kの違いがほとんどわからないし、まだ4Kの動画の重要性は高くないと思っていたからです。

しかし、動画撮影用に購入したGoProカメラが4K対応なので、せっかくだし4Kで撮影したいよね!?って思うようになってしまいました。(笑)

ちなみに、「4Kサイズの動画編集はノートPCスペックだと厳しいらしい…」という情報は、いろんな口込みやYouTubeのレビュー動画を見て把握していました。

こんな感じ↓

 

上の動画では撮影した動画をプレデューしているだけですが、それだけでもカクカクしていますよね。。

プレビューだけでこんな状況なので「4K動画にエフェクト入れて編集するのは無理でしょ…」って思います。

【HP spectre x360 13】で4K動画を編集できるか試してみましたが、そのままの状態では編集はほぼ不可能でした。
※PCが固まって編集どころじゃありません。

でも、Premiere Proの設定をいじると、4K動画でもサクサク編集することができるようになるので驚きです!

さて、、私が実践したPC環境は以下の通りです。

PC:HP spectre x360 13
PCスペック:corei7, 16GB
編集ソフト:Premiere Pro

※他のPC環境でも同様に上手くいくは確認していませんのでご了承ください。

動画編集ソフトはAdobe Premiere Pro(アドビプレミアプロ)を利用している方がほとんどだと思いますので、是非参考にしていただければと思います。

ちなみに、これから動画編集を始めようと思っている人、もしくは月額制でプレミアプロを利用している人は、Adobeマスター講座を利用することをおススメします。

知らないあなたは損しているかも!?
【知らないと損】動画編集始めるならAdobeマスター講座がお得!
【知らないと損】動画編集始めるならAdobeマスター講座がお得! 動画編集ソフトって何がいいの? AdobeのPremiere Proがお得に利用できるってホント? お得なだけ?...

Adobeマスター講座はプレミアプロだけではなく、Adobeが提供する有料ソフトがすべて利用できる+46時間の基礎動画教材を視聴ができるプランです。

ノートPCで4Kサイズの動画編集をする方法

さて、前置きが長くなってしまいましたので、ここからは具体的な方法についてご紹介します。

結論から言うと、Adobe Premiere Proの環境設定を変えて、編集前にちょっと下準備するだけです。

📝任4K動画をサクサク編集する方法

  1. 多くのメモリをPremiere Proに割り当てる。
  2. 4K動画のプロキシを作成する。

これによって信じられないくらいサクサクと4K動画の編集をすることができるようになります。

マジで大袈裟ではなく、ストレスフリーで動画編集できるようになります。

では、具体的な操作について解説します。

4K動画を編集する方法①
メモリをPremiere Proに割り当てる

PCに搭載されているメモリのうち、どれだけをPremiere Proに割り当てるかを調整することで、動画編集環境を少し改善させることができます。

では、早速みていきましょう。

Premiere Proを立ち上げて、「編集」→ 「環境設定」→「メモリ」を開いてください。

そうすると、以下の様な環境設定画面が開かれます。

ここの赤枠で囲んだ部分を見てください。

画面が見にくいので拡大しますね。

すると、

  • 搭載されているRAM:16GB
  • 他アプリケーション用に確保するRAM:3GB

という表示が確認できると思います。

ここでPremiere Proに割り当てるメモリ数を指定することができます。

「他アプリケーション用に確保するRAM」はデフォルトだと6GBになっていると思いますが、設定可能な最小値の3GBに変更しましょう。

私の【HP spetre x360 13】のメモリ数は16GBなので、16GBのうち3GBを他アプリケーションに確保し、残りの13GBをPremiere Proに使いますよ、ということです。

これにより、少しだけスムーズに動画編集をすることができます。
※ただし、動画編集中はできるだけ他のアプリは終了しておきましょう。

4K動画を編集する方法②
4K動画のプロキシを作成する

4K動画をサクサク編集するために最も効果的な方法が「プロキシを作成する」ことです。

というか、4K動画やRAWファイルはそもそも重たいし、さらにエフェクトを入れると、ハイスペックPCを使用していても動画編集作業に支障がでてきます。

そもそもプロキシって何ですか?

プロキシとは、ファイル品質を損なわずに編集&プレデューするために作られた圧縮ファイル(編集用の素材)のことです。

圧縮ファイルは、プロキシファイルで作成したシーケンスを書き出しても、元動画の品質は維持されるため出来上がった動画の画質が落ちるということはありませんので、ご安心ください。

4K動画でなくても、編集でエフェクトを追加していくとファイル容量が重たくなるので、編集作業に影響が出てきます。

そうした問題を防ぐためにも4K動画に限らず、プロキシを作成してから編集作業を始めることをおススメします。

では、Premiere Proの画面を見ながら解説していきます。

Premiere Proを立ち上げて、「編集」→「環境設定」→「メディア」を開いてください。

すると以下のような環境設定画面が開かれます。

メディアの項目にある「プロキシを有効かする」にチェックをしてOKをクリックして保存しておきましょう(デフォルトだとチェックされていないはず)。

次に、プロジェクトに読み込んだファイルを「右クリック」→「プロキシ」→「プロキシを作成」をクリックします。

すると、以下のような表示がでてきますね。

デフォルトのままでOKだと思いますが、「プレセット」が「Low Resolution Proxy」になっていることを確認してOKをクリックします。

すると、メディアエンコーダーが立ち上がり、自動で指定したファイルのプロキシの作成が始まります。

あとは、すべてのファイルのプロキシが作成されるのを待つだけです。

プロキシ作成済みのファイルには緑のチェックマークが付きます。

なお、このプロキシの作成はファイル数(容量)にもよりますが、数時間はかかると思います。

私のPCだとトータル10分くらいの4K動画のプロキシを作成するのに2時間ほどかかっていたかも。。

そのため、とりあえず動画を撮影したら寝る前にすべてのファイルのプロキシを作成しておいて翌日に編集する、という流れが良いかもしれません。

なお、プロキシが作成できても、プレミアプロのシーケンスに並べたファイルはそのままの状態で、変化がみられません。

ただし、ちゃんとプロキシは作成されているので安心してください。

プロキシ素材を確認するためにはプレデュー画面下にある「プロキシの切り替えボタン」をチェックしてください(有効化されると青色になります)。

あとはこれまでと同じようにプレビュー画面で動画を確認してみてください。

4K動画だとプレビュー画面でほぼフリーズ or カクカクしていた動画がプロキシに切り替えると滑らかに動いていることが確認できるはずです。

ただし、多くの方の場合は「プロキシの切り替えボタン」がデフォルトで設置されていないと思いますので、その場合はプレディー画面の右下にある「+」マークを開いて「プロキシの切り替えボタン」を追加してください。

これによって、4K動画をサクサク編集することができるようになりました!

まとめ:ノートPCでも4K動画の編集できます

今回のレビューは【HP spetre x360 13】で4K動画の編集をしてみた内容でした。

その他のPC環境では検証していませんが、動画編集に最低限必要なスペック(corei7, 16GB)を満たすノートPCであれば、問題なく編集できると思います。

📝任4K動画をサクサク編集する方法

  1. 多くのメモリをPremiere Proに割り当てる。
  2. 4K動画のプロキシを作成する。

4K動画に限らず、編集中に頻繁にフリーズしてしまったり、プレビュー表示がカクカクして編集どころではないっという人も是非試してみてください。

繰り返しになりますが、動画編集初心者の方はAdobeマスター講座で動画編集できる環境にすることをおススメします。

動画編集するための基礎部分の教材が付いているので、挫折することなく動画編集を始められるはずですよ。

これから動画編集始める人は要チェック!
【知らないと損】動画編集始めるならAdobeマスター講座がお得!
【知らないと損】動画編集始めるならAdobeマスター講座がお得! 動画編集ソフトって何がいいの? AdobeのPremiere Proがお得に利用できるってホント? お得なだけ?...

Adobeマスター講座はプレミアプロだけではなく、Adobeが提供する有料ソフトがすべて利用できる+46時間の基礎動画教材を視聴ができるプランです。

ぜひ、参考にしてみてください。