ブログで稼ぐ

WordPressブログの始め方をスクショ付きで解説【エックスサーバー編】

WordPressブログの始め方をスクショ付きで解説【エックスサーバー編】
この記事で解決するお悩み
  • ブログって未経験者でも作ることができる?
  • サーバーとかドメインってなに?
  • Xserver[エックスサーバー]は未経験者でもWordPressブログを作れるってホント?
タビノ
タビノ
ブログを始めようと思う人の50%はWordPressの立ち上げ方がわからずに諦めているかもしれません。私もブログを始めた当初は「自分には無理だ…」と挫折した経験があります。

そんな私でしたが、今では10分あればWordPressでブログを作ることができる時代になりまた。ちなみに、私は失敗ブログも含めて10コ程度のブログをWordPressで作った経験があります。

Xserverの特徴
  1. 利用者が多いため信頼性が高い。
  2. ドメインが永久無料で取得可能。
  3.  10日間の無料体験あり。

本ページで紹介するXserver[エックスサーバー]でブログを作った場合の初期費用は13,200円です。
※サーバー代、ドメイン代込み。

安い金額ではありませんが、ブログを作った後は以下ページで解説する自己アフィリエイトで5万円稼ぐ方法により、初期費用以上をすぐに回収することができます。

≫【自己アフィリ】ブログ初心者も100%再現可能な5万円の稼ぎ方
※自己アフィリエイトは初心者でも初月で稼ぐことができる方法です。

本記事ではXserver[エックスサーバー]を使ったサーバー契約~WordPress開設までの手順をスクショを使って解説します。

WordPressでブログを始める方法・手順

WordPressでブログを始めるためには、以下の3つの手続きが必要です。

手順(所要時間)
  1. サーバー契約(約3分)
  2. 独自ドメイン取得(約5分)
  3. WordPressインストール(3~5分)

多くの人が挫折するポイントは、ドメイン取得後のサーバー設定です。

しかし、本ページで解説する手順では、XSERVER契約と一緒にドメイン取得まで完了させるため、難しい設定をすることなくWordPressを開設できます。

これからブログを始めようと思っている人、もしくは過去にWordPressの立ち上げに挫折した人も、“まじで簡単”ですので騙されたと思ってチャレンジしてみてください。

では、一緒に開設していきましょう。
※ブログ開設までの所要時間は10分です。

手順①:レンタルサーバー(XSERVER)を契約する

まず始めに、レンタルサーバーを契約します。レンタルサーバーと契約することで、インターネット上に自由に使えるネット領域(土地みたいなもの)を借りることができます。

タビノ
タビノ
本ブログ(副業いろは)はXserver[エックスサーバー]を利用していますが、レンタルサーバーは他にもいっぱいありますので、お好きなものを選んでもOKです。

ちなみに、Xserverを利用する理由は「多くのブロガーが利用している」ためです。利用者が多いと「使い方がわからない…」と困った時にGoogle検索すれば解決できるためです。
※この他にも料金や速度など、総合的に見てコスパが良い。

Xserverに申し込む

Xserver[エックスサーバー]の公式サイトからお申し込みをしましょう。

≫ Xserver[エックスサーバー]
※クリックすると公式サイトに移行します。

公式サイトを開くと以下のページが表示されますので、「お申し込みはこちら 」からサーバー契約をおこなっていきます。

初めてご利用のお客様の「10日間無料お試し 新規お申し込み」をします。

ここからXsever[エックスサーバー]の申し込みを進めていきます。

基本的に入力フォームの指示に浸従って進めていけばOKです。

入力例!

  1. サーバーID:tabinomado(好きに決めてOKです)。
  2. 契約プラン:X10(一番安いプランで問題ありません)。
  3. 「Xserverアカウントの登録へ進む」をクリック。

※WordPressクイックスタートはチェックしなくて大丈夫です!

次に、Xserverアカウント情報を入力します。

入力例!

  1. メールアドレス:****@gmail.com(なんでもOK)。
  2. パスワード:(なんでもOK)。
  3. パスワード(確認):(確認のため上のパスワードを再入力)。
  4. 登録区分:個人にチェック。

続いて、個人情報を入力します。

入力例!

  1. 住所:○○県○○市○○町○○区…
  2. 電話番号:080-****-****。
  3. 利用規約:(チェックする)。
  4. 「次へ進む」をクリック。

※インフォメーションメールはチェックしなくて大丈夫!

上記まで登録が完了すると、登録したEメールアドレス宛に「6桁の認証コード」が届きますので確認しましょう。

認証コードを入力し、「次へ進む」をクリックすると、以下のような登録内容の確認画面が表示されます。

「この内容で申込する」をクリックすればXerverの申込が完了します。

登録が完了すると、以下のメールが届きます。

上のメールを下にスクロールしていくと、以下のユーザーアカウント情報が記載されているはずです。これらの情報は大切なのでメモに残す、もしくはメールを保存しておいてください。

次に、Xserver[エックスサーバー]にログインします。

上記のメールに記載されている「インフォパネル」をクリックすると以下のログインページに移ります。

Xserverにログインする

ログインの仕方!

  1. メールアドレス:登録したメールアドレス
  2. パスワード:メールに届いたパスワード
  3. 「ログイン」をクリック。

※メールで届いた初期パスワードは後から変更可能です。
※上のログイン画面はブックマークしておくと便利です。

Xserverにログインすると、以下の管理画面(トップページ)が開きます。左側のメニューにある「料金のお支払い」をクリックします。

Xserverの料金を支払う

以下の「料金のお支払い手続き」のページに先ほど登録したサーバーID(自分で好きな名前を決めたやつ)があることを確認しましょう。

料金お支払い手続き

  1. サーバーID:先ほど登録したサーバーIDにチェックする。
  2. 契約期間:12ヵ月でOK。
  3. 「支払方法を選択する」をクリック。

※契約期間:12ヵ月以上は初期設定費用(3,300円)が無料になります。

続いて、お支払い方法を選択します。クレジットカードが一番簡単なお支払い方法になりますね。こ

こではクレジットカードを選択して「決済画面へ進む」をクリックします。
※デビットカードの場合もクレジットカードを選択してOKです。

カード情報を入力し、「確認画面へ進む」をクリックしてカード決済を完了させましょう。

なお、①のセキュリティコードとはカード裏面にある3桁の番号です(以下参照)。

以上でサーバー契約の手続きが完了しました!

次にドメイン取得をしましょう。

手順②:Xserverでドメイン取得

Xserver[エックスサーバー]のログインページから再度ログインすると、以下のサーバー管理画面が表示されます。サーバーの欄には先ほど登録したサーバーIDがあるはずです。

ここではドメイン取得をおこないますので、赤い矢印の「ドメイン取得」をクリックしましょう。以下のページで希望するドメイン名を決めます。

ドメイン取得の手順!

  1. www:取得したいドメイン名を入力(なんでもOK)。
    ※希望するドメインが使えるかを検索します(最終決定ではありません)。
  2. ドメイン名.○○○:とりあえず「com」「net」「jp」を選択。
    ※なんでもOK。ただし、メジャーなものが良い。
  3. 「ドメインを検索する」をクリック。

なお、ドメイン名の下に付く「○○.com」「○○.jp」などはなにを選んでもOKです。

ドメイン料金を支払う

さて、入力したドメイン名の検索結果(利用可能か否か)が以下のように表示されます。

チェックボックスが表示されているドメインは取得することができます。

上記の例では、「JP」は使用不可でした(すでに誰かが取得済み)。

ドメインを取得!

  1. ドメイン:取得可能なドメインをチェック。
    ※登録年数は1年でOK。一年毎に更新できます。
  2. 利用規約:チェックする
  3. 「お申し込み内容の確認とお支払いへ進む」をクリック。

ドメインは1年毎に自動更新されますが、更新時期1~2ヶ月前に自動更新の連絡がメールで届きます。もし、ブログを辞めてしまう場合は、自動更新を解除することができます。

先ほどサーバー料金をクレジットカード決済した人は、カード情報が登録されているはずです。

「決済外面へ進む」をクリックしてドメイン料金の支払いを完了させましょう。これでドメイン取得が完了しました。

以下に今回取得したドメインが登録されていることを確認してください。

続いて、サーバー設定をします。
※超簡単ですのでご心配なく!

ドメインをサーバーに設定する

サーバー管理画面の「サーバー管理」をクリックしてXserverのトップ画面にに移ります。

以下のXserverのトップ画面にある「ドメイン設定」をクリックします。

サーバーIDとドメインが表示された以下の画面が表示されます。ここで「ドメイン設定追加」をクリックします。

先ほど取得したドメイン名を入力しましょう。

ドメイン名下の「無料独自SSLを利用する」「高速化・アクセス…」はチェックが入っったままでOKです。

「確認画面へ進む」をクリックすると、以下の確認画面が表示されます。

「追加する」をクリックすればドメイン設定完了です!これにより、サーバーとドメインが紐づけされました。

最後はWordPressをインストールすれば終了です。

あと、3分頑張りましょう!

手順③:WordPressのインストール

Xserverのトップ画面にある「WordPress簡単インストール」をクリックします。
※マジで簡単ですのでご安心ください!

WordPressをインストールするドメインを選択します。今回は先ほど取得したドメインを選択すればOKです。

「WordPressインストール」をクリックします。

以下の登録情報を入力しましょう。なお、これらは後でも変更可能ですので悩まなくてもOKです。

入力例!

  1. サイトURL:取得したドメイン名が記載されます。
  2. ブログ名:副業いろは(好きにきめてOK)。
    ※後から変更できます。
  3. ユーザー名:Tabino(好きに決めてOK)。
    ※後から変更できます。
  4. パスワード:******(好きに決めてOK)。
    ※後から変更できます。
  5. メールアドレス:ユーザー名を入れておくのが無難。
    ※後から変更できます。
  6. 「確認画面へ進む」をクリック。

「キャッシュ自動削除」と「自動データベースを作成する」はチェックが入ったままでOKです。

「インストールする」をクリックして完了です!

これでWordPressで取得したドメイン名のブログを立ちあげることができました。つまり、インターネット上にあなただけでのサイトができたと言うことです!

WordPressにログインする

早速、WordPressにログインして、ブログが立ち上がっているかを確認しましょう。

WordPressインストール時に設定したユーザー名とパスワードを使ってログインすると、以下の管理画面が表示されます。
※管理画面の使い方は徐々に慣れていくものなので、今は「?」という感じで大丈夫です。

管理画面の左上にある「ホームマーク」をクリックすると、以下の「Hello world!」というWordPressブログの初期画面が表示されます。

これであなたもブロガーデビューです!

お疲れ様でした。

【補足】無効なURLです…と出てきたときの対処法

上記のように表示されても焦らなくて大丈夫です。

Xserver内のサーバー設定が完了していないだけなので、指示通り時間をおけば「Hello world!」の初期画面が表示されます。

お疲れ様でした。

最初に戻って手順①からWordPressの始め方を見直したい人はこちらをクリックすると戻れます。

お疲れのところ恐縮ですが、WordPressは初期状態だと使い勝手がわるいため、初期設定をいじりつつ自分好みにカスタムしていく必要ががあります。

でも、今日のところはWordPressでブログが作れただけで十分でしょう。

一日休んでから以下を参考にブログ運営していきましょう!