ブログで稼ぐ

【超初心者向け】WordPress開設後の初期設定はとりあえず5個だけやっとこう!

【超初心者向け】WordPress開設後の初期設定はとりあえず5個だけやっとこう!
この記事で解決するお悩み
  • WordPress開設後にすることは?
  • 初期設定はなにをすればいい?
  • テーマやプラグインの導入方法とは?
タビノ
タビノ
WordPressの解説おめでとうございます!早速ですが、ブログ記事を書く前に済ませておいた方がいい設定があるので一緒にチェックしましょう。

「一応、WordPress開設できたけど使い方がわからない」って思っていますよね。でも大丈夫です。

WordPressは使っていくうちに徐々に慣れていきます。今の段階では「意味わかんないけど、とりあえず初期設定しなきゃな…」くらいの感覚でOK。

本記事では「ブログ記事を書く前にしておくべき初期設定を5つ」を解説します。難しいことは考えずにとりあえず5つだけ設定しておきましょう。
※所要時間は10分前後です。

WordPressブログの初期設定はとりえあえず5個!

私はこれまでに10コ近くのブログをWordPressで作ってきた経験がありますが、それでもWordPressはわからないことだらけです。

とはいえ、ブログ運営するには全然問題ないレベルで使えています。
※必要最低限の設定でブログ運営はできます。

WordPressの設定項目はあげればキリがないほどたくさんありますが、それらすべてを知る必要はありません。とりあえず、以下の5つだけでOKです。

WordPress開設後の初期設定
  1. SSL設定
  2. サンプルページの削除
  3. 不要プラグインの削除
  4. 一般設定(サイトタイトル)
  5. パーマリンク設定

上記の設定は難しいコードを書いたりする必要はありません。ほぼクリックだけで設定完了できるのでパソコンが苦手な人でも大丈夫です。

1つずつ解説します。

初期設定①:SSL設定(http → https)

ブログのURLの先頭部分が「https」になっていれば「SLL化できている」もしくは「暗号化できている」と言います。

SSLとは?
 SLL(Secure Sockets Layer)は、データ通信を暗号化して送受信する仕組みのことです。ブログ閲覧者(読者)の個人情報がネット経由で第三者に漏洩することを防ぐ役割があります。

SLL化するためには、自分で設定する必要があります。とはいっても、サーバーにログインしてSSL設定を追加するだけです。
※Xserverをご利用の場合は標準でSSL設定が追加されます。

以下ではXserverの設定方法を解説しますが、他のサーバーでも基本的に設定方法は同じです。

▶XserverにログインしてSSL設定する

Xserver[エックスサーバー]にログインして「サーバー管理」をクリックします。

サーバーパネルにある「SSL設定」をクリックします。

SSL化するドメインを「選択」します。

SSL設定画面で「独自SSL設定追加」をクリックします。

SLL化したいサイトのドメインが表示されていることを確認して「確認画面へ進む」をクリックします。

これでSLL化の設定完了です。なお、SSL化が有効になるまでに約1時間程度時間がかかりますので、放置しても大丈夫です。

SLL化できているドメインは以下のように「すでに独自SSLが設定されています」と表示されます。

初期設定②:サンプルページの削除

WordPressを立ち上げた時の「Hellow world!」のサンプルページを削除します。

WordPressの設定画面から投稿ページを開くと、ブログ内の記事一覧が表示されます。

ここにある「Hellow world!」のページを削除しましょう。「ゴミ箱」をリックするだけでOKです。

初期設定③:不要プラグインの削除

プラグインとはWordpressの機能を拡張するためのツールです。

例えば、記事の目次を作成するプラグインや写真を動かすプラグインなど、様々なプラグインがあります。
※プラグインはスマホのアプリみたいに必要に応じてインストールする感じです。

デフォルトのプラグインは必要?

  • Akismet Anti-Spam:スパムから保護するためのプラグイン。
    ➪ 有効化!
  • Hello Dolly:不要です。
    ➪ 削除!

WordPressの設定画面のメニューから「プラグイン」を選択して、以下のようにAkismetは「有効化」、Hello Dollyは「削除」をクリックしておきましょう。

初期設定④:一般設定(サイトタイトル)

サイトの“タイトル”を設定します。

ブログのサイトタイトルを設定することで、Googleにサイト名を認知されやすくなるSEO効果があり指名検索(サイト名で検索)で上位に表示されやすくなります。

例えば、本ブログは「副業いろは」というサイト名を登録しています。
※Googleで「副業いろは」と検索すると本ブログが上位に表示されるはずです。

では、WordPressの設定画面のメニューから「設定」→「一般」を開きましょう。

以下のような一般設定画面が表示されます。一番上の「サイトのタイトル」に好きなブログタイトルを設定(入力)しましょう。

初期設定⑤:パーマリンク設定

パーマリンクは、ブログ記事のURL(住所)です。

このURLを詳しく見てみると、以下のように設定されていることがわかりますね。

上の例では「tabinomad.com」というサイトに作った「blog-how-to」というカテゴリーに「wordpress_xserver」という名前の記事という構成が読み取れます。

しかし、WordPressの初期状態では上のような構成にはならず、ランダムに割り当てられた文字列がパーマリンクに設定されてしまいます。

そのため、自分でパーマリンク設定(記事の名前が決まるルール)を作っておきましょう。

では、WordPressの設定画面のメニューから「設定」→「パーマリンク設定」を開きましょう。

共通設定を「カスタム設定」にチェックし、空欄部分に以下の文字列を入力しましょう。

/%category%/%postname%/

なお、「カテゴリーが決まっていない」「カテゴリーは今後変更するかもしれない」という場合は、以下のようにポストネームだけ入力してもOKです。

/%postname%/

※ブログ初心者にポストネームのみのほうがおすすめかもしれません。

「パーマリンク設定」できれば「変更を保存」をクリックしましょう。

ちなみに、私はパーマリンクを知らなかったために、月間アクセス10,000PV直前まで伸ばしたブログを2,000PVまで激減させてしまったことがあります。

≫ PVが増えない原因はパーマリンクの可能性あり※ブログ初心者は要注意!
※パーマリンク設定をしていないと大失敗する可能性あり。

まとめ:WordPress開設できたら5つの初期設定を忘れずに!

とりあえず、記事を書く前に以下の5つの初期設定を忘れずに行いましょう。

WordPress開設後の初期設定
  1. SSL設定
  2. サンプルページの削除
  3. 不要プラグインの削除
  4. 一般設定(サイトタイトル)
  5. パーマリンク設定

上記の設定ができれば早速記事を書き始めてもOKです。

ただし、余裕があるなら「テーマを導入(購入)する」「最低限のプラグインを導入する」という設定をしておくことをおすすめします。

タビノ
タビノ
とはいえ、WordPress開設~初期設定までお疲れ様でした。もう一度初めから読み直したい人はこちらをクリックしてください。

とりあえず1日休みましょう。それから初記事を書く、もしくは以下のページを参考にしながらWordPressテーマの導入に進みましょう。

まだテーマを導入していない人向け
WordPressテーマの選び方と導入方法を解説【JINがおすすめ】
WordPressテーマの選び方と導入方法を解説【JINがおすすめ】 WordPressのテーマにはデフォルトで入っているような無料のテーマと購入して使う有料のテーマがあります。 有料...

※簡単な初期設定もについても解説します。