ブログで稼ぐ

【簡単】ブログ初心者のための7つのSEO対策|基本を抑えれば検索上位は狙えます

【簡単】ブログ初心者のための7つのSEO対策|基本を抑えれば検索上位は狙えます
  1. SEO対策がいまいち理解できない…。
  2. SEO対策って具体的に何をすればいいの?
  3. SEO対策しないと稼げないの?
ブログを始めたばかりの頃はSEO対策って漠然としたイメージでよくわかりませんでした。きっとSEO対策を難しく考えすぎていただけだったかも。簡単な基本さえ抑えればSEO対策はOKです。

「SEO対策がよくわかりません…」と思っているブログ初心者は多いと思いますが、その感覚は間違っていません。

というのも、結局のところSEO対策はブラックボックスになっているため、正解を知っている人はいません。※Google社員でも知らないらしい。

いろんな人が「あーだ、こーだ」言っているだけで、それが100%正解ではないので「よくわからない」という感覚は正しいのかも。

とはいえ、「○○すると検索順位が上がりやすい」という経験則のような“ノウハウ”があることは事実です。それを『SEO対策』と呼んでいるだけです。

本記事では、ブログ歴3年の中級者(トップアマブロガー)が、SEO対策ってこれだけでOKじゃん!?って気付いた簡単な7つのSEO対策を教えます。

 

【簡単】ブログ初心者のための7つのSEO対策

ブログ初心者のための7つのSEO対策

SEO対策とは、WebサイトをGoogleの検索上位に表示させるための“ノウハウ”です。

SEO対策に100%正解はありませんが「○○すると検索上位に上がりやすい」という経験則がいくつかあります。

SEO対策は変化し続けている!

現在は100日に1度のペースでGoogle検索アルゴリズムのアップデートがあり、効果的なSEO対策も少しづつ変化しています。過去に効果的だったSEO対策でも今ではまったく効果がない(むしろマイナス…)ってことも珍しくありません。

例えば、記事量産SEOが過去に効果的だったけど、現在ではまったく効果がないSEO対策の1つです。

「ブログの毎日更新」を聞いたことがありますが、それが記事量産SEOの名残です。

「記事数が多いとGoogleから評価されブログが検索上位に上がる」という現象が2015年~2018年頃にはあったようですが、2021年の現在では“記事数はSEOに影響しない”ことが明らかになっています。※100記事、200記事も書く意味はありません。

250記事書いても稼げませんでした…

1年で250記事を積み上げた雑記ブログを運営していましたが、月間2万PV、収益2万円で挫折しました。現在は50記事規模の特化ブログを複数運営していますが、総月間5万PV、総収益20万円を達成しています。

現在のSEOでは、記事数が少ない特化ブログの方が収益性が高いことを経験から学びました。※あくまで私の例です。

このような経験をしてきた私が実践しているSEO対策は7つのみ。

むしろ、これ以上のことはしなくてOKです。

📝SEO対策は7つでOK!

  1. キーワード選定。
    → ロングテールキーワードを狙う。
  2. ブログタイトルを決める。
    → SEOと読者を意識する。
  3. 見出し(h2,h3)を決める。
    → キーワードを含めた階層構造にする。
  4. altタグを設定する。
    → 画像の情報をGoogleに教える。
  5. 内部リンク対策。
    → 関連記事へのリンクを充実させる。
  6. 外部リンク対策。
    → noteのアカウントを作って被リンクを張る
  7. meta descriotionを書く。
    → キーワードを入れる。

この7つがSEO対策の90%といっても過言ではありません。さらに言うと、上記の7つで特に重要な対策が①キーワード選定と②ブログタイトルです。

この2つがSEO対策の80%を占めているかも。それくらい重要なポイントです。

では、1つずつ解説していきます。

①キーワード選定

ブログ記事の役割は「読者の悩みを解決すること」です。これはGoogleの公式見解でもあります。

「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを返すものである」(引用元:Google検索:便利な検索サービスより)

読者の悩みは検索キーワードから逆算します。そして、どのような記事内容だと読者の悩みを解決できるのかを考え、読者の検索ニーズを具体的にイメージします。

そのため、検索キーワードから読者の悩みを正しく理解するためにも、キーワード選定が重要になるのです。

キーワード選定がブログ記事の根幹になる!

キーワード選定をしなければ記事内容が決まりません。さらに記事構成も曖昧になり、読者の検索ニーズに応えることができません。

厳しい言葉でいうと、読者の悩みを解決できない記事に存在価値はありません。※読者満足度が低い。

つまり、読者の悩みを解決できない記事になってしまうため、Gooleからの評価はガタ落ちです。。

Googleから評価される記事を書くためには、検索に使用されるキーワードから読者の検索ニーズを想定して、読者が知りたい情報を提示してあげる必要があります。※読者満足度が高い記事を書く。

この時、検索に使用されるキーワードを調査&決定する工程が「キーワード選定」です。

キーワード選定の具体的な手法は別ページでまとめていますので、そちらを参考にしてみてください。

キーワード選定はサボっちゃだめ、絶対!
【ブログ初心者向け】キーワード選定をサボると検索上位は狙えない...
【ブログ初心者向け】キーワード選定をサボると検索上位は狙えない...]キーワード選定を『なんとなくGoogleで検索されやすい言葉を意識して記事を書くこと』だと思っていませんか?間違ったキーワード選定をしていたり、キーワード選定の重要性を理解できていないと、SEOで検索上位を狙うのは難しいですよ。キーワード選定にはGoogleのきーわどプランナーとUbersuggestを使い、検索ボリュームをチェックしましょう。...

キーワード選定せずに読者の悩みを理解し、読者のニーズに応える記事を書くことはできません。つまり、ブログにおいてキーワード選定は超重要です。

②ブログタイトルを決める

キーワード選定ができれば、キーワードを含めたブログタイトルを考えます。

記事を書く前に仮タイトルを決めておく!

ブログタイトルは記事を書きつつ、何度も変更してください。記事を書き進めていると、より魅力的な言葉や語呂の良い言い回りなどが浮かんできます。

ブログタイトルは記事公開後も変更してOKです。

記事公開後(2~3ヵ月後)にブログタイトルだけをリライトすると、それだけで検索順位が上がることも珍しくありません。それくらいブログタイトルはSEOに大きく影響します。

ブログタイトルは「読者が気になる工夫」をすることで自然にクリックが集まりやすくなります。この工夫こそが、SEO対策です。

📝ブログタイトルのつけ方

  1. タイトルにキーワードを入れる。
  2. タイトルは2部構成にする。
  3. 数字と記号を使う。
  4. 目を引く言葉を文頭に入れる。
  5. タイトルは42文字以内にする。

SEOに効果的なブログタイトルの決め方について、別ページでまとめていますので参考にしてみてください。

ブログタイトルのつけ方にはコツがある!?
【ブログタイトルのつけ方】クリック率が低いとSEO的にマイナス...
【ブログタイトルのつけ方】クリック率が低いとSEO的にマイナス...ブログタイトルはGoogleの検索上位に上げるためのSEOとしてもっとも需要な対策です。また、クリックされないブログ記事はSEO的にマイナス評価を受ける可能性があります(クリックされない=読者に必要とされていない)。そのため、読者の興味を惹きつける魅力的なタイトルをつけること、それと同時にキーワードを入れたSEO対策をすることは、ブログ記事を作成する上で最も重要な要素になります。...

クリックされるブログタイトルでなければ、どんなに良いコンテンツを作っても読者に読まれることがありません。。

③見出し(h2,h3)を決める

キーワードとタイトルが決まれば、記事本文を書き始める前に目次となる見出しを決めましょう。

見出しとは、Wordpressのメニューバーにある「段落」のことです。

見出しを設定することで、以下のように段落のある階層構造にすることができます。

ちなみに「見出し1はブログタイトル」になります。

見出しを先に決めておくと執筆が楽!

見出しを決めておけば、それに従って記事を書くだけです。見出しを決めずに上から順番に本文を書き始めると、記事の方向性があやふやになったり、何を伝えたいのかわからない記事を書いてしまいます。

つまり、記事構成を先に決めておくってことです。

そして、見出しのつけ方には以下のルールがあります。

📝見出しのGoogle的ルール

  • 見出し1(h1)は1記事につき1回しか使わない。
    → 見出し1はブログタイトルになるため、記事中で使ってはいけません。
  • 見出しは階層構造で使う。
    → h2,h3の順番通りの階層構造を作る。
  • 見出し(h2,h3)にもキーワードを入れる。
    →とはいえ、無理やり入れるのはNG。

このルールに従わなければ、マイナス評価を受けてしまうので注意してくださいね。

例えば、「おすすめの英会話勉強法」というタイトルの記事を例にして具体的な見出しを考えてみました。

上図の見出しの階層構造は以下の通りです。

見出し1(h1):おすすめの英会話勉強法
 ↳見出し2(h2):オンライン英会話
  ↳見出し3(h3):フリートーク英会話
  ↳見出し3(h3):教材を使った英語学習
 ↳見出し2(h2):シャドーイング
  ↳見出し3(h3):シャドーイングにおすすめの洋画A
  ↳見出し3(h3):シャドーイングにおすすめの洋画B
  ↳見出し3(h3):シャドーイングにおすすめの洋画C

ちゃんと「見出しのGoogle的ルール」を守って見出しを付けていることが確認できると思います。※キーワード選定などは無視していますのでご了承ください。

見出しのつけ方はSEO的に重要ですが、読者に読みやすい記事を作るためにも重要です。

📝ブログ初心者は要注意!

    記事中で強調したい文にh1タグを使っている人がいますが、絶対NGです。また、見出しを装飾文字のように使うのもダメ。
    「見出しのGoogle的ルール」を守って使ってください。

④altタグを設定する

altタグ設定とは、画像の詳細情報をGoogleに教えるための設定です。

Googleは文章を理解できても画像の意図(意味)を読み取ることができません。画像があるっと認識しているだけ。

altタグの設定は超重要っていうわけではないですが「やらないよりはやった方が良いSEO対策」です。

設定方法も簡単ですので、とりあえず設定しておきましょう。

altタグの設定方法

以下のように、画像を記事中に挿入して画像をクリックした状態で「テキスト表示」に切り替えます。

テキスト表示で見ると、画像部分が<img class= ***** alt=”” *****/>という文字列になっているはずです。

「alt=””」に画像の情報を書けばOKです。

例えば「alt=”タグの設定方法をWordpressで解説”」という感じで。

alt設定しておくことで、どのような画像なのかをGoogleに読み取ってもらうことができるため、より多くの情報をGoogleに提供できるというわけです。

ちょっと面倒くさい…と思うかもしれませんが、数秒で終わる作業ですので設定しておきましょう。

⑤内部リンク対策

現在のSEOでは内部リンクが重要視される傾向にあります。

サイト内で孤立した記事がたくさんあるブログよりも、記事同士が密にリンクし合っているブログの方が検索順位が上がりやすい傾向があります。

雑記ブログが稼げない原因は内部リンク!?

ジャンルを設定せずにいろんな記事を投稿すると、関連性のない記事が量産されてしまい、サイト内で孤立する記事が多くなります。その結果、専門性が低いサイトと判断され検索順位が上がりにくくなっていると考えられます。

記事同士が密にリンクし合っているブログは、関連コンテンツが多く、専門性が高いブログとしてGoogleに評価される傾向があります。

つまり、小規模でも関連記事しかない特化ブログは、内部リンクが充実しているため、SEOに有利と判断できます。

とはいえ、闇雲(やみくも)に内部リンクを張ればいいってわけじゃありませんのでご注意ください。

SEOに効果的な内部リンクの張り方については、別の記事でまとめていますので参考にしてみてください。

内部リンクの張り方でPVは増える!? 収益記事にリンクを集めよう
内部リンクの張り方でPVは増える!? 収益記事にリンクを集めよう内部ロングの張り方を意識するだけで、停滞していたPVがポンっと増える可能性があります。特に、ブログ立ち上げ時は、「とりあえず内部リンクで記事同士を繋げ!」っというように、関連性のない記事同士までも内部リンクを張っているかもしれません。しかし、関連性がない or クリックされない内部リンクはSEO的にマイナス評価を受ける可能性があるため要注意です!...

“ブログ構造を意識して内部リンクを張る”ことでPVは増えます(体験済み)。

⑥外部リンク対策

サイトの評価に最も影響するのが「被リンク」です。

被リンクが多く集まるサイトはドメインパワーが強く、検索上位にあがりやすい傾向があります。※ドメインパワーとはサイトの強さを表す指標です。

ちなみに、収益化できているブログはドメインパワーが10以上あるはずです。※ドメインパワーはUbersuggestなどの計測ツールで調べることができます。

被リンク獲得は難しい!

個人ブログで被リンクを獲得するのはハードルが高いです。被リンク獲得戦略を考える人もいますが、正直なところ、SNSでフォロワーを増やす以外に個人で被リンクを獲得するのは難しいかも…。

とはいえ、被リンクは重要です。

被リンクを獲得できるかにブログの命運がかかっていると言っても過言ではありません。

複数ブログを作って被リンクすればいいんじゃない?

関連性があり、かつドメインパワーが強いブログを作れていれば、それでもOKです。

しかし、運用歴が浅く、運用実績もないブログを複数作って被リンクを集めると“自演リンク”としてGoogleからペナルティーを受ける可能性が高いです。

というか、ドメインパワーが弱いサイトからの被リンクは効果がないため、ペナルティーのリスクを犯してまで自演リンクするメリットがありません。。

でも、諦めることなかれ!

noteからブログへリンクを張る

noteのドメインパワーは最強です(70以上)。ブログと併用してnoteでも数記事投稿し、メインブログのリンクを張ることで、被リンクを獲得できます。

noteを利用することで、簡単&確実に被リンクを獲得することができます。

被リンク以外にも、noteを利用するメリットは他にもあります。

📝「note」を利用するメリット

  1. 被リンクを獲得できる。
    → 自演リンクのペナルティーは受ける心配がない。
  2. ブログでは書けない記事を投稿できる。
    → ブログジャンルとは関連性のない記事(例えば収益報告など)を書くことができる。
  3. 有料コンテンツ(記事)を販売できる。
    → 無料公開するのが惜しい記事は値段を付けて販売できる。

最近では、ブログやTwitterから読者をnoteに流して、有料記事を購入してもらう導線を作っているインフルエンサーも多いです。

とはいえ、インフルエンサーでなくてもnoteで有料コンテンツを販売することはできます。例えば、本記事のような「SEOノウハウ」「ブログの収益報告レポート」を販売することもできます。※需要は大きいかも。

noteはSEOを意識せずに気楽にかける日記的な使い方でもOKなので、ブログと併用しておくことをおすすめします。

note以外にも被リンクを獲得する方法があります
【知らないと損】今すぐ被リンクを獲得する5つの方法【ドメインパワーのSEO対策】
【知らないと損】今すぐ被リンクを獲得する5つの方法【ドメインパワーのSEO対策】被リンク獲得のための戦略を考えていますか?本記事では今すぐ実践できる被リンクの獲得方法を5つご紹介しています。ドメインパワーが弱くてGoogle検索上位に上がらないと悩んでいる人は必見です。...

 

⑦meta descriptionを書く

meta descriptionとは、検索結果に出てくるタイトルの下の要約文章のことです。

自分でmeta descriptionを設定しなくても、記事冒頭ぼ部分が検索結果に表示されるため、必ず設定しなくちゃいけないというものではありません。

また、meta descriptionの重要性は年々下がっており、現在ではSEOに影響したいと言われています。とはいえ、読者の目に直接触れる部分なので、クリック率には影響するかもしれません。

つまり、「やらないよりはやった方が良い」と考えましょう。※細かい気配りが大切です。

meta descriptionの設定方法

「All in one SEO」というプラグインをインストールすると、Wordpressの記事投稿画面のずーーと下の方に「description設定」という記入欄ができます。

ここに、記事の要約文を書き込むだけでOK。

📝「meta description」の書き方

  1. 文字数は120前後。
  2. キーワードを入れる。
  3. 3部構成で書く。
    → 1.読者への問いかけ
    → 2.記事内容
    → 3.アクションを促す

※③はマナブさんのmanablogを参考にしています。

マナブさんはmeta descriptionをテンプレ化することを推奨しています。

この発想はすごいですよね。めっちゃ参考になります。

具体例:この記事の場合

  • 1. 読者への問いかけ
    初心者でも簡単にできるSEO対策について知りたいですか?
  • 2. 記事内容
    本記事では基本的な7つのSEO対策についてご紹介します。
  • 3. アクションを促す
    SEO対策って具体的に何をすればいいかわからない人は必見です。

3部構成でテンプレ化することで、迷うことなくmeta discriotionが完成します。

 

 

以上!7つのSEO対策を紹介しました。

この7つのみ抑えておけばSEO対策はOKです。※その他の細かい対策は重箱の隅を突くようなものなので必要なし!

お疲れ様でした。

補足:ブログ収益化までの目安

最後に、「いつになったらブログで稼げるようになるの?」という疑問にお答えしようと思います。

稼げるようになるまでの目安がわからないと、アクセスも収益もでない始めの数か月は不安でいっぱいです。モチベーションを維持するのも大変ですよね。

是非、以下の目安を参考にしてみてください。

📝ブログ収益化の目安

  • ブログ運用歴:1年
  • 総記事数:100~200記事
  • 月間PV数:1万PV~3万PV

➪月収1~3万円

初めて作るブログの場合、おおよそこれくらいの目安で収益化ができると思ってOKです。

ぶっちゃけ、1年もブログ書いて月収1万円って絶望しそうですが、ブログってこんなもんです。

もちろん、1つのブログを収益化できるまで継続できれば、ブログ運営スキル(SEO知識、ライティングスキルなど)が身に付いているはずです。

そのため、2つ目のブログを立ちあげれば、収益化までが早いです(~半年)。

ブログは1~2個失敗してからが本番!

私は2個目のブログで1年継続して250記事、月間2万PV、月収2万円で挫折しました。3個目のブログでようやく月収10万円を超えることができました。諦めなくてよかったです。。

私のような例はたぶん珍しくないと思います。

収益化に成功しているブロガーの方々は1~2個のブログ失敗を経て成功しているパターンが多いと思います。※SNSのインフルエンサーは超優秀なレアケースです。

なので「ブログ初めて半年になるけど全然稼げないじゃん!」って悩む必要はありません。それはめっちゃ普通のことです。

もし「1年過ぎて100記事以上書いているけど収益ゼロ…」という状況なら、ドメイン取得からブログを作り直す方がいいんじゃないかな…。

失敗を受け入れることも大切…
【悲報】ブログ100記事書いて稼げないなら失敗です!ジャンル選定ミスってない?
【悲報】ブログ100記事書いて稼げないなら失敗です!ジャンル選定ミスってない? ブログ100記事書いているのに収益ゼロです...。 雑記ブログだと稼げないの? ブログ初心者でも稼ぎやすいジャン...

 

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

本記事が少しでも「参考になった!」と思えばシェアしてもらえると嬉しいです