ブログで稼ぐ

【ブログタイトルのつけ方】クリック率が低いとSEO的にマイナス…

  • ブログタイトルはなぜ重要?
  • キーワード選定ってなに?
  • ブログタイトルの具体例を教えて欲しい。
ブログタイトルは「その記事が上位表示されるか」「読者にクリックされるか」を大きく左右する重要な要素になります。なんとなくタイトルを書いている人は要注意。

最近は「読者満足度の高い記事」を書くことがSEO的に重要と言われていますが、それ以上にブログタイトルはSEO対策のなかでも最重要といって間違いありません。

2021年において、タイトルにキーワードを入れることは効果的なSEO対策として認知されています。さらに、読者にクリックされるためには読者の興味を惹きつけるタイトルでなくてはいけません。

とはいえ、ブログタイトルを適当に書いて記事投稿している人が多いのも事実。

検索上位に上がらない原因はタイトル!?

タイトルにキーワードを入れることは初歩的かつ最重要ともいえるSEO対策です。特にブログ初心者の場合は、タイトルを変更するだけで検索順位が上がる可能性があります。

あなたの記事が検索上位に上がらない、アクセスが集まらない原因はブログタイトルにあるかもしれません。

でも、逆に考えれば、ブログタイトルを適切に変更すれば、それだけで上位表示&アクセスアップにつながる可能性は高いです。

ブログタイトルは記事作成において1番重要!

ブログタイルはブログ作成において1番重要となる要素です。

タイトルのSEO効果は検索順位に反映されやすく、検索ユーザーが興味も持ってクリックするときの判断材料になります。

📝タイトルが重要である理由

  1. 検索上位を狙うために最も効果的なSEO対策の1つ。
    → キーワード選定が必要。
  2. 検索ユーザーがクリックする判断材料になる。
    → 読者の興味を引く魅力的な言葉が必要。

ブログタイトルを軽く考えている(or 考えていない)人は要注意です。

SEOを意識しないブログタイトルでは、検索上位を狙えません。

とはいえん、仮にコンテンツが優秀と評価されて検索上位されたとしても、魅力的なタイトルでなければ、検索ユーザーにクリックされません。

クリックされない(読まれない)ページは、超有料級の記事内容だったとしても、読者に必要とされない記事とGoogleに判断されてしまい、検索順位が下がります。

つまり「検索上位されるためにタイトルは重要」であり「検索上位を維持するためにも重要」になります。

①検索上位に表示される最も効果的なSEO対策

ブログは読者の悩みを解決するコンテンツであると同時に、Google検索で上位を取るゲームです。

結局のところ、検索上位に上がらなければ、検索ユーザーの目に触れることもなく、誰の悩みも解決することができません。

そのため、検索上位に表示させるためのSEO対策は必要不可欠です。

ブログタイトルは最重要SEO対策!

SEOを意識したブログタイトルをつけることで、検索上位に上がりやすくなる傾向があります。他のSEO対策よりもダイレクトに検索順位に影響するといって間違いありません。

例えば、過去記事をリライトするときに、記事内容はそのままでもタイトルを変更するだけで、検索順位が上がることは珍しくありません。※よくあります。

②検索ユーザーがクリックする判断材料になる

検索上位に入った次に意識すべきことは、クリックされるブログタイトルであるかどうかです※むしろ、同時に意識しておくべき。

たとえば、検索順位が10位に入ったとしましょう。

その後、さらに順位を上げられるかどうかは、その記事(ページ)が検索ユーザーにクリックされるかで決まります。

クリック率が高い記事は順位が上がる!

クリック率が高い記事は、Googleからも評価されます。クリックされる記事かどうかはブログタイトルでしか読者に判断されません。

だからこそ、検索ユーザーの興味を引く魅力的なブログタイトルをつけることが重要です。

※ディスクリプションの効果も少しあるかも。

SEOに効果的なブログタイトルのつけ方【5つのコツ】

SEOって聞くとちょっと小難しい対策が必要なの?って思うかもしれませんが、シンプルに「クリックしたくなるタイトル」を付ければOKです。

例えば、あなたが調べものを検索した時を想像してみてください。

Googleの検索結果から気になるページをクリックしたり、本屋で気になった本を手にした時、あなた自身は「自分で選んだ」と思っているかもしれませんが「無意識に選ばされた」ってこともあるかも。

あなたはなぜこのページを読んでいる?

検索で本記事を見つけてくれてありがとうございます。でも、なぜこのページを選んでくれたのでしょうか?もしくは選ばされたのでしょうか?

いやいや、ちょっと気になってクリックしてみただけだよ…って思うかもしれませんが「気になる気持ちにさせられた」ってことではないですか?

検索結果からこのページを選んだあなたは少なくともタイトルを呼んで「気になる気持ちにさせられた」はずです。

つまり、タイトルは「読者が気になる工夫」をすることで自然にクリックが集まりやすくなります。この工夫こそが、SEO対策です。

📝ブログタイトルのつけ方

  1. タイトルにキーワードを入れる。
  2. タイトルは2部構成にする。
  3. 数字と記号を使う。
  4. 目を引く言葉を文頭に入れる。
  5. タイトルは42文字以内にする。

では、解説していきますね。

①タイトルにキーワードを入れる

タイトルを決める以前に、ブログ記事を書く前準備として、キーワードを決めておくことは重要です。

本記事では「ブログタイトル つけ方」というキーワードを決めて記事作成しています。

さらに、複合キーワードとし、

  • 「ブログタイトル つけ方 クリック率」
  • 「ブログタイトル つけ方 SEO」

というロングテールキーワードも意識しています。

とはいえ、思いつきでキーワードを決めてタイトルを決定しているわけではありません。

月間検索数100~1,000を狙う!

思い付いたキーワードの検索ボリュームを調べて、月間検索数100~1,000のキーワードを選びます。ブログ初心者であれば、月間検索数100前後のニッチなキーワードで記事を書くことをおすすめします。

月間検索数は競合サイトの強さの指標にもなります。

仮に、月間検索数が1,000以上のビッグキーワードで記事を書くのであれば、まぁまぁ強いドメインパワー(30以上は絶対必要)とライティングスキルが必要になります。

個人ブログでは太刀打ちできない可能性があるため、月間検索数100~1,000で記事を書くことは“個人ブログの必勝法”です。

📝検索ボリュームの調べ方

上記の検索ボリュームチェックツールは無料版で十分です。

重要なことは「月間検索数があるのか」&「月間検索数が1,000以下なのか」を知ることができればOKです。

ちなみに、本記事の「ブログタイトル つけ方」の検索ボリュームは以下の通りです。

《キーワードプランナーの検索結果》

《Ubersuggestの検索結果》

検索ボリュームとしては決して高くないですが、個人ブログであっても十分に検索上位を狙えるキーワードであることが確認できますね。

📝参考

『キーワードはタイトルの前半部分(左側)に入れたほうがいい』というSEO対策を聞きますが、あまりこだわり過ぎる必要はないと思います。

ただし、人間は左から右へ文章を書く習慣があるため、『左側に気になるキーワードを配置した方が、読者の目に留まりやすい』傾向があるのは事実です。

②タイトルは2部構成にする

本記事のブログタイトルを例にすると、以下の様な感じ。

30文字以上は一瞬で理解できない!

30文字以上の1文ではなく、短く区切った2部構成の文章にすることで、読者に読まれやすくなり、タイトルだけで記事内容に興味も持ってもらいやすくなります。

本記事のタイトルのように、前半部分と後半部分を【】を使って区切るテクニックはスマートですよね。

この他にも、

  • ブログタイトルのつけ方クリック率が低い記事はSEO的にマイナス…
  • SEOに効果抜群クリックされるブログタイトルのつけ方
  • クリック率アップ!? SEOに効果的なブログタイトルのつけ方

というように、記号を使って区切ることもできます。

③数字と記号を使う

文字だけのタイトルより、記号や数字があった方が目が留まりやすく、興味を惹きつけるタイトルにすることができます。

本記事のタイトル候補をいくつか考えると、

  • ブログ歴3年のWebライターが解説ブログタイトル作成の5つのコツ
  • SEOに効果あり!?ブログタイトルのつけ方を3ステップで解説
  • 【クリック率1.5倍】私が成功したSEOに最適なブログタイトルのつけ方

などなど。

数字が入ると記事の信頼性が増し、具体的なイメージをつかみやすくなるため、検索ユーザーの目に留まってクリックされやすくなります。

④目を引く言葉を文頭に入れる

人間は欲にまみれた生き物です。(笑)

そのため、人が思わず反応してしまう言葉があります。

以下、ブロガーとして有名なマナブさん@manabubannaiのツイートです。


この他にも「無料」「お得」「失敗」なども反応されやすい言葉です。

こうした言葉をタイトルの文頭に置くことで、検索ユーザーの“気になる”を刺激してあげましょう。

再び、本記事のタイトル候補としていくつか考えてみると、

  • 【成果あり】クリックされるブログタイトルのつけ方|SEO効果を高める5つのコツ
  • 【実証済み】ブログタイトルには型がある!?上位表示されるためのSEO対策
  • 【簡単】Googleに愛されるブログタイトルのつけ方

などなど。

⑤タイトルは42文字以内にする

以前は「ブログタイトルは32文字以内」と言われていましたが、最近では42文字と言われることが多くなりました。

その理由は、スマホユーザーが多くなったからです。

スマホでは42文字前後まで表示される!

多くのユーザーはPCよりもスマホでWebコンテンツを閲覧するようになったため、42文字前後に最適化したタイトルのつけ方でもOKです

10文字も多くなることで、タイトルに含められる情報量が増えますね!

「情報量が多い」=「検索ユーザーの興味を引ける」ため、クリック率の向上にも効果があります。

 

以上、5つのコツを意識するだけで、SEO的にも効果があり、検索ユーザーの興味を引くブログタイトルをつけることができます。

ちなみに、ブログタイトルは記事公開後に変更してもOKです。

 

Googleの検索順位に最も影響するSEO対策の1つがブログタイトルのつけ方です。しかし、上記の通りキーワード選定しても検索圏内にまったく入らないこともあるかもしれません。

その原因の1つに“パーマリンクを変更”している可能性があります。

アクセスが集まらない原因かも!?
ブログ初心者は要注意!PVが増えない原因はパーマリンクの可能性あり
ブログ初心者は要注意!PVが増えない原因はパーマリンクの可能性あり記事公開後にカテゴリーを変更したりしていませんか!?パーマリンクを無視したカテゴリー変更すると、Googleからインデックスを外される or そもそもインデックスされない、という状況に陥るため、Google検索に表示されず、いつまでたってもアクセスが集まるようにはなりません!ブログ初心者がやりがちなミスですので、カテゴリーを頻繁にいじっているって人は要注意です。...

※パーマリンクという言葉を知らない人は要注意!

私はパーマリンクを知らずに10,000PVを2,000PVまで激減さてしまった経験があります。。

 

補足

2021年以降のブログは「コンテンツSEO」が重要です。

つまり、読者満足度の高い高品質な記事内容であることが今のGoogleアルゴリズムで検索上位を取るためには必要ということ。

読者満足度ってよく聞く言葉だけど、満足したかどうかは読んだ人にしかわからないし、それを指標にして「この記事は高品質だ!」って評価するのは無理じゃない?
読者満足度を評価する指標は「ページ滞在時間」です。つまり、ページ滞在時間が長いと読者が夢中になって読んでいるとgoogleが判断し「この記事は読者満足度が高い!」と評価しています。

これは確かにその通り。

とはいえ、読者に読まれるためには、Google検索で上位表示される必要があります。

タイトルのSEO対策は最優先事項!

記事を読んでもらえなければ読者満足度を計ることはできないため、まずは記事を読者に見つけてもらうことが大切です。そのためにはSEOでGoogleに評価され検索上位に上げてもらう必要があります。

もちろん、記事の質が低くてもOKっというわけではありませんよ。

しかし、どんなに良い記事を書いたとしても、検索ユーザーがそのページクリックしなければ、読まれることも誰かの悩みを解決することもできません。

クリックされない(読まれない)ページは、良質な記事内容だったとしても、いずれば検索順位が下がっていきます。

だからこそ「検索上位されるためにブログタイトルは重要」であり「検索上位を維持するためにもブログタイトルは重要」です。

 

以上になります。

最後までお付き合いくださりありがとうございます。

ちょっとでも「参考になったよー」って人は、シェアしてくれると嬉しいです